こうやって深大寺の境内に来ると、いつも、もう一年経ってしまったかという気持ちになる。
それと同時に、また一年家族が息災に過ごせてきたことへの感謝がゆっくりと込み上げてくる。
 さすがに恥ずかしくて手までは繋がないものの、すぐ傍らには妻がそっと寄り添い立っている。
互いの存在を感じられるが、決して邪魔にはならない立ち位置。
二人で築き上げてきた絶妙な距離感である。
「また一年、経ちましたね」
 妻が言う。
「ああ」とだけ私が応える。
会話は数ではなく深さであると、これも二人で築き上げてきた関係性のひとつである。
連れ添ってすでに半世紀ほどを迎えるが、必ず結婚記念日には妻と二人でこの深大寺へ参拝に来ることにしていた。
 子供が小さい時は子供を連れて来たり、今でも子供達や孫達と一緒に来たりすることもある。
別に何をするわけでもなく、二人で、時には家族皆で本堂にお参りをして、馴染みの店で蕎麦を食べて帰る。
 本堂へのお参りが終わると、決まって私が妻に聞く。
「そばでいいか?」
 すると妻が控えめにこう応える。
「はい。おそばがいいです」

 妻との馴れ初めはお見合いだった。
縁談を勧められたのは会社の上司からであった。
当時二十代後半に差し掛かり、だいぶ仕事にも慣れてきた頃だったので、私もそろそろ所帯を持たなくてはと考えていた。
彼女の初対面の印象としては、正直、見た目は際立っての美人と言うわけではないが、派手でもなく、さりとて地味すぎるというのでもなく、小柄ながら質素で清潔感のある品の良い女

性だと感じた。
今にしてみれば、その落ち着きの中に隠されている芯の強さを見誤るほどに、大きな声では言えないが、いわゆるこちらの一目惚れだったのである。
 彼女と逢うのはもっぱらここ深大寺界隈だった。
私が勤めていた会社が深大寺に近かったことと、信州生まれの私の好物が蕎麦であったからに因る。
 当時から田舎者であり、口下手でもあり、金もなく、仕事以外にこれといって趣味らしいものもなかった私は、当然ながら女性を喜ばせる洒落た会話など出来るわけもなかった。
と言うわけでその時も、別に何するわけでもなく、黙って境内を歩いたり、辺りを散策したり、木陰に座って休んだりを繰り返すだけだった。
そしてお腹が空くと、「おそばでもいいですか?」と聞き、決まって控えめにそっと頷いてくれる妻と一緒に馴染みの蕎麦を食べた。
 何度か彼女とこのような拙い付き合いを重ねていくうちに、私はふと不安に襲われるようになった。
私は、完全に妻に入れあげていたため、彼女と逢えること自体が嬉しく只々毎日が有頂天になっていたのだが、果たして彼女は私と一緒にいて楽しいのであろうかという根本的な疑問が

突如として湧いてきたのである。
 私よりも垢抜けていて、女性の扱いに慣れた男達なんぞ、その頃の東京にも文字通り掃いて捨てるほどいた。
私同様、口数も多くなく、慎ましやかな彼女は、終始愛らしい笑顔は見せてくれているものの、今ひとつ本心が読めないところがあった。
 いったん疑心を持ってしまうと、そのことがかえって焦りとなってしまい、彼女の前での私を一層慌てさせた。
 焦れば焦るほど萎縮してしまい、会話の糸口がまったく見つからない。
頭を振り絞っても一つの気の利いた言葉も出てこずに、必死になっているからこそ相手の話しへの受け答えすらも疎かになってしまう。
 完全な空回りで、私はすっかり自分を見失っていた。
 しかも、さりとて直接、妻の気持ちを確かめてみる勇気もなく、一か八かの結婚の申し込みをする度胸なんてものも、その時の私にはなかった。
 薄氷を踏むような思いで彼女の優しさを試し、その笑顔に甘えることで、今想えば蛇の生殺しみたいにずるずるとそのあまりにも曖昧な関係を終わらせることなく、出来るだけ長く引

っ張ろうとすることだけに腐心していた。
 月に数回という頻度で、ここ深大寺での逢瀬を重ねて一年ぐらいが過ぎた頃のこと、明らかに妻の態度がこれまでと違う日があった。
 お面のように整った笑顔が表面には貼りついているものの、ひとつひとつの挙措や言動の端々に、笑顔には隠しきれていない苛立ちや不機嫌さが透けて見えるような気がした。
 この頃になると、私も彼女の性質の深淵に、第一印象から受けた控え目なものだけではなく、その芯に秘めている頑固さというか、ある意味の強さや激しさみたいな気質があることに

も気付き始めていた。
いよいよ彼女に愛想を尽かされるのではないかと、顔を合わせた瞬間から胃が痛くなったことを昨日のことのように憶えている。
 頭の中身を総動員してさえ、何とか妻の気を引く話題を、それでも断続的にしか提供することのできない私に、その日の彼女はいつもより口数少なげで、どこか投げ遣りに頷くだけだ

った。
 結局、妻の機嫌を少しも回復することが出来ないまま別れの時間が近付いてきてしまった。
仕方なく、敗北感に苛まれながらも最後、いつものように彼女を食事に誘ってみた。
「ごめんなさい。じゃあ、今日も、おそばでもいいですか?」
 すると普段はそこで軽く頷くだけの彼女が、思いっ切り首を横に振ってぴしゃりと言い放った。
「いいえ」
 突然の彼女の豹変ぶりに唖然としてしまい、私は何も返すことが出来なかった。
 すると彼女は大きな溜息のあとで、畳みかけるように捲くし立てた。
「いい加減にしてください」
 もはや妻の顔にあったのは笑顔ですらない。
「そもそも、なんで謝るの?」
 眼には凄味すら宿っている。
「でもってなんですか?」
 小さな肩がぷるぷると小刻みに震えていた。
 彼女の怒りの大きさを物語っていた。
 そして、妻は周囲も振り向くほどの大声で叫んだ。
「おそばが、いいんです!」
戸惑いながらも、「ん?」と首を傾げる私に、更に苛立ちを露わにする彼女。
「私は、あなたのおそばがいいんです!」
 眉が吊り上がり、顔は真っ赤に紅潮していた。
「いつまで待たせるつもりですか?」
 一歩一歩と私に詰め寄る妻。
「だから私を貰ってくださいとまで、私の口から言わせるつもりですか?」
 彼女の迫力に圧倒され、じりじりと後退りするしかない私。
「ずっと私のそばにいてください。結婚してくださいって、今すぐ言ってください!」
 あとから妻に聞いた話だと、彼女の方も最初に逢った時から私に対する好意を感じてくれていたという。
呆れるほどの不器用さを差し引いても、一生懸命で誠実なところを評価してくれたらしい。
それでもいつまでたっても煮え切らない私の態度には、いい加減堪忍袋の緒も切れたと、これは今でも何かあるごとに茶化される。
 こうして、表面上は亭主関白を装いつつも私が尻に敷かれる二人の生活が始まった。

 今日も、縁結びの感謝を込め本堂へのお参りを済ませると、後ろも振り返らずに私が妻に聞く。
「そばで、いいか?」
 すると妻の優しい声が私の背中にそっと降りかかる。
「はい。おそばがいいです」
 決して良いことばかりではなかった。
 時として激しい妻の性格を持て余したこともある。
 折につけ私の優柔不断なところにやきもきさせたこともあっただろう。
 よく衝突もした。
 喧嘩もたくさんした。
 それでもひとつひとつ二人で一緒に乗り越えてきた。
 そんな私たちは来年、金婚式を迎える。
 これからも、ずっとそばがいい。


後藤 武司(長野県松本市/40歳/男性/会社員)
都心の高校から調布駅に着いた後、布多天神を通り過ぎて、中央自動車道の下をくぐる。何かの境目のような小さな橋を渡ると都内にありがちな山を切り開いた住宅地。当時の流行に取り残されたままのまちまちな家の間を登れば、急に空気がひんやりする。蝉の鳴き声の密度が増して、人間様が威張っていた街はどこへやら、暗い木陰には何かが息をひそめているようにさえ思えた。緑はやけに青々とみずみずしくて、身を寄せ合うようにそば屋の赤提灯が並ぶ。ここへ来ると、茜は本来の姿に戻るのだ。
「おばちゃーん、ざる二つねー」
茜は夏服になったばかりの制服がしわになるのを気にすることなくごろんと畳に寝転んだ。本来の姿、といっても狐の耳が生えてくるわけではない。猫がはがれて、ズボラになるのだ。
「おい、花の女子高生、人前で寝転ぶな。」
「人前じゃないじゃん、そば屋の中じゃん。」
くああとのどちんこが見えるぐらいに大きなあくびをする茜を見て僕はため息をついた。
頬杖をついたまま寝転んで腹をポリポリ掻いている姿はまるでおっさんだ。
学校ではぴっちりアイロンがかけてある制服に身を包み、シャンプーの香りときれいなうなじにドキドキしてしまうポニーテールで、「茜ってかわいいよな」なんて噂されてる奴と同一人物なんて思いたくない。
「女子高生って初々しくて清楚でバラ色のほっぺをした、マシュマロのような存在だと思っていた僕の憧れを返して。」
茜はどっこいしょ、と起き上がってフンと鼻を鳴らした。
「え?ショータローの憧れとかどうでもいいから。」
そうですか。どうでもいいとかお前に言われたくないぞ、ズボラ女め。
「あれ、ショータロー、怒ったの?怒ったの?」
茜がにへらにへら笑いながら面白がって僕の顔を覗き込んできたから、僕は怒りで顔が赤くなった。茜はそれさえ目ざとく見つける。
「うわ、顔、真っ赤。」
「怒って赤くなってるんだ。近寄るな、ズボラがうつる。」
ひっぱがそうと茜の頭を押したら、思いのほかすんなり引き下がった。いつも空気を読もうともしない茜にしては珍しくてどうしたのだろうと今度は僕が茜の顔を覗き込む。おじちゃんの重い蕎麦切り包丁の音が聞こえた。
「ズボラ......か......。」
なぜかシュンとする茜。二つに束ねた髪はアンゴラウサギよろしくクタンと力なく垂れ嵯下がっていた。こいつがスキンケアとか絶対ありえないだろうに、咲いたばかりのクチナシの花を思い起こさせるしっとりと白く柔らかい肌は下を向いている。ヒグラシの鳴き声が哀愁を加えるから、なんだか僕が悪いことをした気分だ。がざがざと長靴を引き摺りながらおばちゃんがやってきた。
「なんだい、またケンカかい。さ、ざる二つ。さっさと機嫌直すんだよ。」
おばちゃんがゴトンとざるを置いた。途端に茜はレバーを全開にしたかのごとき笑顔になる。
「いただきまっす!」
この単純さに僕はあきれてしまった。心配して損した。ふてくされた僕はまるで恋敵ででもあるかのように箸で蕎麦をぶつぶつ切った。
 茜はがざつよろしくいつものように割り箸をバリッと折るかに思えた。
 だけど、今日は違った。
 箸の先端から指十一本分数えて上にのぼるとそこでやけに慎重に箸を割る。
 あ。
 と僕は気付いた。こんなことがときたまある。
 茜、好きなやつできたんだ。

「割り箸の先からね、好きな人の名前の文字の数だけ指で上にのぼって箸を割ってね、
きれいに割れたら両想いなんだって。」
茜にそう聞いたのはもう十年も昔の話だ。小学校が近いこともあってこのお寺の境内でよく友達と遊んでいたけど、僕と茜だけが鍵っ子なのでいつも最後はふたりになる。今日のように雨が上がったばかりで空気にぴしりと洗濯糊がかけられたような日だった。突然お参りしよう、と茜が言い出した。なんで、と僕は聞いた。線香の匂いが漂ってくる。
「ここ、えんむすびにいいんだって。」
茜はここにカッパのミイラがあるんだって、と明かすかのように僕に耳打ちした。僕はえんむすび、が何かはよく分からなかったけど、本殿の前で薄目を開けると茜が真剣に手を合わせていたから大事なお願いをしているんだなと思った。僕はいつもの境内になにかが潜んでいる気がして落ち着かなかった。
 母さんたちが持たせてくれた小銭を握りしめて、僕らはどうしてか黙ったままおばちゃんの所で夜ご飯がわりの蕎麦を食べた。やけに慎重に箸を割ったあと、変な形に割れた割り箸の割り口を茜はしげしげと見つめて、もそりと陳腐な占いのことを話した。
 
茜、好きなやつできたんだ。
 いつも、茜がこんな風になるとぼくは変な気持ちになる。十年前もそうだった。今だって変わらない。僕の長い名前を数える前に茜の細い指が箸を割ってしまうからだ。ジェットコースターで急降下した時に内臓がふわっとするあの感じとか、サウナから水風呂に飛び込んで全身が変に硬直する感じに似ている。自分のしたい表情と本当の感情との間で顔の筋肉がひきつれる。さすがに隠すのが上手になったけど、小さい頃は自分でも訳のわからないまま泣き出して茜を驚かせたこともあった。もう少し大きくなってからは茜がいくつの文字の人を好きになったか確かめて、必死に誰なのか特定しようとしたりした。
 だけど今は、僕は自分の気持ちに気付いてしまっている。
 茜は普段はだらしなくても学校ではなぜかきちんとしているし、男子とも女子とも気さくに話すから、時々茜が誰々に告白されたなんて噂を聞くこともある。意外な奴から「稲泉、お前茜と付き合ってんの?」なんて聞かれることもある。ただの幼なじみだと事務的に答えてやるけれど苦虫を噛み潰すような気分だ。急にふわんとした女子っぽい体つきになったのも危なっかしくてしょうがない。
それでも、誰か、を特定しようとしたりはもうしない。長い恋というのは変な自信になるものだ。考え事をしていてふと爪を噛んでいることに気付くように、毎日のふとした瞬間に茜は今何をしてるんだろう、何を考えてるんだろうと想像を巡らしてしまう。気付くと茜の一挙手一投足に僕にしか読み取れない意味を見出そうとしている。茜が誰かと付き合ったって結婚したってかまわない。それで幸せになれるとは限らないからだ。茜が好きになった人たちがみんな年をとって死んでしまうまで茜のことを好きでいる自信が僕にはある。誰がこんなに茜に執着できるだろう。初恋の人を思い続ける僕の恋は確かに一般的にみたら純愛かもしれないけれど、僕は密かにこの気持ちを恋なんて気まぐれで甘ったるい名前で縛らないでほしいと思っている。
茜は今も殊勝にもこのへんてこな割り箸占いを信じているらしい。だけどおかげで僕が茜に好きな人ができたことを察しているなんてちっとも気付いてない。
 茜さえ知らない、僕が知ってる茜の事。
 その一つが茜のこの癖なのだ。あれだけ僕を苦しめた、苦い思い出のある割り箸占いにさえも今は甘い優越感を感じている。
 さて、今回の相手は十一文字だったが、まためったにないくらい長い名前だ。久しぶりに考えてみる。十一文字。十一文字......。
 
あ。
 いないずみしょうたろう。
僕だ。
 思わず、茜のはしを見た。ずぞぞぞとそばを鯨飲する茜が握った箸は、これでもかというぐらいにきれいに割れていた。
「......茜さあ、好きな人いるの?」
ごふっと一回目は本気でむせて、二回目は取ってつけたように咳払いしてみせて、茜は澄ました顔をつくった。
「マシュマロのような女子高生だもの、いたっておかしくないでしょ。」
まだ根に持っているんだ。僕は茜をかわいく思ってこっそりほほえむ。
「それってさ、」
さっきむせたそばが変な所に引っかかったのか、茜は涙目だ。綺麗に割れた箸に後押しされて僕は言葉を繋いだ。
「僕?」
ぴたり。茜の動きも、洗い物をするおばちゃんとおじちゃんの音も、外で小学生が騒ぐ音も、ヒグラシの鳴き声も、はまりの悪いガラス窓を揺らす風の音も、一瞬、全部が止まった。地球上の全ての音はロケットエンジンのように拍動する、僕の心臓の音だけだった。
 ずぞぞぞぞぞぞ。
 箸をつかんだまま固まっていた茜が突然蕎麦をすすりだした。あっという間に最後の一本まですごい速さで食べ終える。
「ごちそうさま!ショータローの奢りね。」
ぱっと籠から小鳥が飛び立つかのように茜は椅子を蹴って逃げようとした。
 僕は咄嗟に茜の手を握った。奢ってたまるかという気持ちと、茜を好きって気持ちと、返事を聞きたい気持ちと、その他ありったけの気持ちを込めて。
「逃がさないよ。」
と僕は笑った。

金子 朱里(東京都八王子市/19歳/女性/学生)

今回も本当に多数の方にご応募いただき誠にありがとうございました。

第12回の応募総数は計307作品でした。(※2016/08/31 訂正)

今月末より事前審査が行われ、その後、最終審査へと進んで参ります。
発表は、11月もしくは12月に開催予定の授賞式において行ないます。
正式な日程が決まりましたらまたご報告させていただきます。

尚、審査結果につきましては、事前審査を通過した方にのみ、ご応募の際に記載いただきましたお電話番号へ、10月初旬~10月中旬を目処にご連絡させていただく予定です。

最終審査の結果も、同じく、審査を通過した6名にのみ、お電話でご連絡致します。
事前審査通過連絡のお電話でもお話しいたしますが、事前審査を通過した後に11月半ばを過ぎても連絡が入らなかった場合は落選です。
また、この時点では最終審査を通過したことのみお知らせし、どの賞を授賞したかなどはご連絡致しません。
授賞式当日、その場での発表となります。ご了承ください。


個々の選考結果についてはご案内いたしておりませんので、事務局へのお問い合わせはご遠慮ください。

何卒よろしくお願いいたします。

 

深大寺短編恋愛小説実行委員会
実行委員長 大前勝巳

<<前の3件 23456|7|891011 次の3件>>

主催

深大寺短編恋愛小説実行委員会
深大寺恋物語公募ポスター

第13回公募、募集開始いたしました。皆さまからのご応募お待ちしております。
募集要項の内容が変わりましたので、作品を書き始める前、そして投稿前に必ずご確認ください。
→第13回公募 募集要項

Facebookはじめました

紹介作品について

ブログにて紹介させていただいております作品は、第一次審査を通過し、且つ、Wordや一太郎のデータにてご応募いただいた方の作品のみを掲載させていただいております。
掲載前には、直接メールでご連絡しております。
何卒ご了承ください。

著作権について

このブログに掲載されている文章、及び画像の無断使用、無断転載、無断流用を固く禁止します。
※作品の転載に関しては、ご本人様のみ可能です。
転載等に関してご質問がございましたら、事務局までご一報下さい。

深大寺周辺地域紹介

深大寺地域観光マップ

Facebook始めました

最近のトラックバック