派手な赤い服を着た人がいるのかと思った。小島由香は、満員電車に吐き出されるようにして、明大前駅のホームに降り立った。その視界の隅を赤いものが動いた。朝の通勤時間には似つかわしくないが、東京には色々なファッションを好む人がいる。きっと赤い服が好きな人なのだろう。そんなことを考えながら振り返った。
すると、そこに赤い達磨が踊っていた。頭からすっぽりと被った張り子のような胴体からは、細くて白い手足が伸びている。それが、力が抜けたようにゆらゆらと揺れながら、独特なステップを踏んで踊っているのだ。
由香は、あまりの衝撃に瞬きや息をするのも忘れてその達磨を見つめた。ところが、由香以外は達磨が見えないのか、人々は達磨の横を無表情で通り過ぎていく。達磨はまるで世界から切り離されたかのように踊り続ける。
次の電車がホームに入ってきた。電車が運んできた風が由香の頬を撫でる。その瞬間、達磨が消えた。
夢でも見たのだろうか。最近、仕事が忙しく、寝不足が続いている。無性にこの体験を誰かに話したい気分になったが、誰にも信じてもらえないような気もした。結局、会社の同僚にも家族にさえも、由香は達磨の話をすることはなかった。
それからも達磨は、由香の前に何度も現れた。会社帰りにふらりと立ち寄った書店やカフェの隅で、ビルの隙間や通りの向こう側で踊っていることもあった。そして、やはりそれは由香以外の誰にも見えていないのだ。
地元の友人から見合いの話をされたのは、由香が日々の達磨の出現に疲れ始めてきた頃だった。見合いと言っても実にざっくりとしたもので、由香に紹介したい人がいるので連絡先を教えても良いかと聞かれたのだ。
由香が三十五歳を過ぎてからというもの、周囲は禁句のように結婚についての話を避けるようになっていた。由香自身、結婚どころか彼氏を作ることもすっかり諦めきっていた。近頃、達磨のことで頭がいっぱいだった由香は、深く考えることもなく承諾していた。
由香が悩む間もなく、その日の内に相手から連絡が入り、週末には深大寺に行く約束をしていた。由香は相手のことよりも、そんな時でさえも達磨が現れるのだろうかということばかり考えていた。

石原健介という名前と、ぼやけた顔写真しか分からなかったが、待ち合わせの調布駅に着いた時には相手の男性がすぐに分かった。柱に寄りかかるようにして待つひとりの男性の横で、達磨が踊っていたからだ。戸惑いながら、男性の方へ近づく由香の後ろにも、やはり達磨が一体ついてくる。
ふと顔をあげた男性は、由香を見ると、次に由香の後ろで踊っている達磨を見た。達磨が二体になってしまった。
「達磨がいますね」
「はい、踊る達磨がいます」
健介と初めて交わした言葉は、初対面の挨拶などではなく達磨についてだった。
深大寺行きのバスに乗った。バスにまで達磨はついて来るのかと思いきや、健介とバスに乗り込んだ時は、二体の達磨は煙のように消えていた。ところが、バスが動きだすと、途中の道やバス停に、二体の達磨は現れては消えた。由香と健介の困惑などお構いなしに、二体は並んでゆらゆらと踊っている。
バスに揺られながら、お互いに達磨が現れた経緯や達磨とのエピソードなどを語り合った。この奇妙な達磨の存在を分かち合える嬉しさに、由香は思わず夢中で喋っていた。

「参拝の前に少し休憩しませんか」
バスが深大寺に着き、参道を歩き始めた時、健介が言った。
山門近くの露天でおやきを買い、お茶をもらうと池が見えるベンチに二人並んで腰をかけた。いつの間にか、二人の両脇には一体ずつ達磨がいる。本来ならば、初めてのデートで緊張する場面であるはずなのに、ゆらゆらと踊り続けている達磨を見ていると緊張が溶けていくようであった。
一体この状況は何なのだろう。思わず、由香は笑っていた。すると、隣でもぐもぐとおやきを食べていた健介が、一口お茶を啜ったかと思うと、神妙な顔つきで湯呑を置いた。
「あなたは、僕の奥さんになる人なのだと思います」
唐突な言葉に、由香の笑いは引っ込んだ。顔が赤くなっていくのを感じる。健介は、まるで天気の話でもするかのように淡々と話し始めた。
「僕は小さい頃から勉強ばかりしてきました。純粋に勉強することが、楽しかったし、それこそが僕のやるべきことだと思って、わき目もふらずに」
由香は健介が何を言おうとしているのか戸惑いつつ、そして、先ほどの強烈な言葉の意味を計りかねながら、耳を傾けた。
「友人や同僚が、普通に女性と知り合って、結婚して家庭を築いているのを見ながら、僕はこれといった感想も持たず、ひたすら勉強に打ち込んできた。でもあるとき、ふと気になった」
湧水を湛えた池では、岩に上がった亀が気持ちよさそうに日向ぼっこをしている。
「ふと、勉強以外のものを見てみたくなった」
由香は首をかしげた。
「そしたら、目の前に達磨が踊っていたのです。ゆらゆらと奇妙な動きで。僕は、初め頭がおかしくなったのかと思いました」
「勉強のしすぎで」
由香の言葉に健介が深く頷いた。
「本気で悩みました。これは、病院に行くべきではないかと。でも医者に行ったところで、信じてもらえるだろうかとも思いました」
「分かります。私も同じく悩みましたから」
「悩んでいた時に、由香さんとの話が降って湧いてきたのです」
「湧いてきた」
「そうなのです。それで、きっとこの達磨は、この見合い話の前兆なのではないかと思うように」
「分かるような、分からないような」
「人生に意味のないことはないのだと僕は思います。僕がずっと今まで勉強ばかりしてきたのも、こうやって達磨が現れて、目の前で踊っていることも。全て僕にとって意味のあることだと」
「踊る達磨に意味ですか」
「調布駅にあなたが達磨とやってきたとき、確信に変わりました。僕は悩みながらも奇妙な達磨を受け入れた。そして、あなたも戸惑いながらも達磨を受け入れている。そんな僕とあなたは、出会うべきだったのだと」
やっとここにきて、あの衝撃的な言葉の結論に辿りついたことに、由香は気がついた。
人生には意味がある。だとしたら、私が今まで生きてきたことも、男性と出会いもなく仕事ばかりして、悩んでいた日々にも、全て意味があったというのだろうか。全ては、自分と同じように踊る達磨を連れてきたこの男性に出会うためだったと。
二体の達磨は踊り続けている。
出会ったばかりにも関わらず、プロポーズのような言葉と達磨を絡めた人生論のようなものを真剣に語る目の前の男性に、由香は不思議と親しみが沸くのを感じた。確かに、達磨が現れて由香は動揺した。でもどこかで受け入れていた。それはなぜだろう。なぜかこの達磨が、不気味で嫌悪する存在に思えなかったからだ。ましてや息苦しく感じていた毎日の生活に、どこか肩の力を抜いてくれたような気もしていたのだ。
由香にはこの達磨の意味など分からない。でも、これは悩むべきことではなく、笑うべきことだということは分かる。
その考えに至った時、由香は肩を揺らしながら笑い出していた。隣では健介が不思議そうに目を丸くしている。
「おかしいですか」
「おかしいどころか、この状況にも、あなたの言葉にも嬉しくて、何だか笑いが込み上げてきます」
ハンカチで目じりを抑えながら笑っていると、健介も肩を揺らし始めた。いつの間にか二人で声を出して笑っていた。通りを歩く人々が、二人の笑い声に誘われるように振り返った。
理屈などない。直観として、目じりを垂らして笑う健介の笑顔が、とても素敵だと由香は思った。もっとこの笑顔を見ていたいとも。
二人は、深大寺境内へと向かった。二人の先を二体の達磨は石段の上を器用に回りながら踊り、登って行く。
「達磨に見とれて、私が転びそうです」
由香の言葉に、健介は静かに手を握ってきた。健介の手はとても大きくて温かだった。
二人は本堂で手を合わせた。参拝が終わると、またどちらからともなく手を繋ぎ合わせた。
「おや。どこへいったのでしょう。達磨が消えましたね」
驚いて辺りを見回すと、健介の言う通り達磨の姿はどこにもなかった。
「これでやっと落ち着いて話ができますね」
「二人きりになると、逆に落ち着かなくなってきました」
健介は由香を見下ろすと、優しく微笑んだ。
「もう少しこの辺を散策したら、深大寺蕎麦を食べましょう。蕎麦はお好きですか」
「大好きです」
由香は思わず答えていた。
「あの、お蕎麦も健介さんもという意味です」
深大寺の優しい木漏れ日が二人を包み込む。
そして、この瞬間から、二人の恋は踊り出した。

右城 薫理(東京都調布市/43歳/女性/家事従事)
しばらくサーバーが不安定だったため、作品紹介をお休みしておりましたが、
復旧しましたので来週より再開致します。

応募フォームに関しては別サーバーを使用しておりますので、
この間にご応募いただいたものはすべて滞りなく届いております。
ご安心ください。

何卒よろしくお願い致します。
暮も押詰った十二月下旬、昼食後の眠気と戦いながら欠伸をかみ殺していた時、外線電話が鳴った。
「税務調査の件で連絡させて頂いております。年明けに事前打ち合わせをお願い出来ればと思います」大村総括主査と名のる女性は事務的に告げた。目が覚めた。経理部の仕事とは言え、税務調査はいつも気が滅入る。一旦始まれば、この招かれざる客のお相手が三~四か月は続く。お陰で年末年始休暇は重い気分で過ごす事になる。十月で会計帳簿を締め、十二月末までが決算処理、それに続いて法人税の申告を一月末までに行う。その直後に税務調査だから息をつく間もない。年明けの金曜日、担当の部員と伴に会議室で調査官一行を待ち受けた。挨拶を済ませ、五人の名刺を着席順にテーブルに並べる。西島正人はあらためて「総括主査 大村麗子」と書かれた名刺の文字を見た。麗子だ。今は眼鏡をかけているが面影がある。中原麗子とは大学のゼミで一緒だった。先程「はじめまして」と紋切り型に挨拶したが、そうではなかった。麗子の部下の調査官のひとりが翌月から始まる税務調査の事前準備に関して説明を始めたが、内容が全然耳に入ってこなかった。麗子は私と同い年だから結構な歳だ。彫りの深い目鼻立ちの整った色白な面立ちは昔と変わっていない。目尻のあたりに少し皺が増えたか。彼女が私に気が付いたかどうかは分からない。

大学を卒業したのはほとんど三十年前だ。多摩丘陵の一角を占める私達が通った大学は当時都心からその地に移転して間がなく、周りに遊ぶところもなく広くて新しいことだけが取り柄のキャンパスだった。麗子と初めて話したのは2年の暮れで3年次から始まる会計学を専門としたゼミの顔合わせ兼忘年会が居酒屋で行われた時だった。新入ゼミ生は十五人ほどだったが、宴席を決めるくじ引きで幸運にも彼女の隣の席になった。
「どうも、西島です。よろしく」
「中原です。こちらこそ」
「火曜の2限目の経済原論の授業、いつも最前列の席に座っていますね。僕も一緒の履修です。同じゼミになれて嬉しいです」そのうちひとりずつ自己紹介が順番に始まった。彼女はウヰスキーのテレビCMをパロって 「 "少し愛して、長く愛して"の大原麗子と一字違いの中原麗子です」、と微妙な空気を漂わせた。ちょっとはずしているが、数少ない女性のゼミ員なので許された。彼女の名を知らなくとも、その存在を経済学部内で知らない者は当時いなかった。彼女は美人女子大生を表紙にする週刊朝日にも載ったし、体育会乗馬部でもエースだった。インカレ上位入賞で学内のスポーツ新聞にも取り上げられていた。小柄ながら手足の長い体型と大きな瞳、高い鼻梁、そして長い黒髪、中近東系を思わせるエキゾチックな顔立ちはキャンパスですれ違う男性を振り向かせるには十分魅力的であった。もし当時、大学ミスコンがあれば上位入賞の本命間違いなしだ。ゼミ内でも、果敢にアタックをしている者もいて、斉藤健一もその一人だった。生意気にも車通学をしていて家が同じ方向だったので、時々彼女の自宅の最寄り駅まで送り、交際のきっかけをうかがっていた。彼の努力は報われることはなく、後の時代で言う所謂アッシー状態だった。彼女は少なくとも学内に特定の彼氏がいるという噂は聞かなかったし、学業に専念する模範的な学生であった。当時の典型的な学生であった自分や健一は、サークルや麻雀、ビリヤードに飲み会と勉強は二の次でモラトリアムを謳歌していた。私達は学生運動もすっかり下火になった頃に現れた、今では死語になった「新人類」と言われた世代だ。山中湖で行われた夏のゼミ合宿の時だった。最終日の打ち上げで将来について、みんなで話しをした。当時はバブル景気の前兆期で新卒の就職は売り手市場だった関係もあって、多くは大手企業への就職を希望していた。私は第一に給料が高いところであれば、仕事自身にやりがいとか、生きがいとかを求めるよりも、生きるための糧をそこで稼ぎ、その金で自分の時間を楽しみたいと言う考えだった。今思うと、世間知らずの小生意気な若造だった。麗子は公務員志望だった。親方日の丸の安定が主な理由ではなく、社会貢献が実感できる仕事がしたいと言った。派手な容姿の割に考え方は堅実そのものだった。秋になっても相変わらず自分は明確な将来へのビジョンもなく自堕落な学生生活を貪っていた。単調な生活が退屈だった。大学入学以来、塾の講師のアルバイトで貯めた金がある程度まとまった額になったので、3年終了時に一年間休学をしてアメリカへ語学留学に行くことにした。もう少しモラトリアムの湯船に浸かっていたかったからだ。今の学生だったら、さしずめ自分探しの旅に出るとでも言うのだろう。私は旅立に際して心残りがあった。麗子と一度デートしたかった。自分の中で何かモヤモヤした彼女に対する不完全燃焼の気持ちに区切りをつけたかった。憧れの延長線上にある好意が、恋心ではないと言えば嘘になる。同じ時間、空間を二人でほんの少し過ごしたかった。今で言う厨二病。遅れての罹患だが。大学が春休みに入った二月のとある日、思い切って麗子に電話をかけた。幸い本人がでた。彼女以外の誰かが出たらと思うと気が気ではなかった。スマホを家族一人一人が所有する今の時代では決して味わえない緊張感があった。
「一年間アメリカに語学留学することにした。来月早々に出発するけど、その前に二人で会えないかな?今月の最後の日曜の十一時、深大寺の山門で待っている。家、調布だったよね。散歩がてら来てよ」
「突然、何?留学?初耳ね。悪いけど最近、就職試験準備で忙しいの・・・ でも行けたら行くね」
当日、今にも泣き出しそうな曇天の中、深大寺山門で小一時間待った頃に麗子は現れた。
「 "少し待たせて、長く待たせて、中原麗子です"遅れてごめん」
「つまんねえ~ でも今日はありがとね」
「寒いから、先にお参りしようよ」
本堂にお参りした後、寺務所に立ち寄り、「今日、待たせたお詫びと無事を願って」と御守りを渡された。門前の老舗蕎麦屋で天そばと熱燗で昼食。神代植物公園まで足をのばし、紅梅、白梅が咲き匂う園内で春の兆しに触れ、思い出のひと時を過ごした。

二月から始まった税務調査も佳境に入った五月の中旬、西島正人は大村総括主査と調査会場の会議室で二人きりで向き合っていた。ゴールデンウイークを挟んだ二回の交渉の結果、追徴課税額を米国本社の設定した金額までに抑えることができた。ひと安心だ。税務調査の話がひと通り終わったところで大村総括主査ではなく、個人としての旧姓中原麗子に切り出した。
「大村総括主査、大学の同じゼミ仲間として、少しお話ししてよろしいでしょうか?」「そうですね。私もお話ししたいと思っていました。まず調査を第一に考えて同窓であることを明かさずに配慮して頂いた事を感謝します。再会は偶然とは言え、"びっくりぽん"です」
「朝ドラからの・・相変わらず微妙ですね。ところで私は語学留学を名目にした気ままな旅から帰って、ゼミのみんなとは一年遅れで卒業し、今の外資系企業に就職しました。中原さんに帰国後一度電話をしたのですが、つながりませんでした。中原さんは希望通り公務員となり、活躍されているのを知り嬉しかったです。こんな形でまた会えるとは何かの縁ですね。三十年前、深大寺で会って以来で懐かしかったです」
「私が卒業して入局した頃、父の転勤で私を除く家族は引っ越して、私は一人暮らしを始めました。最後に会ったのが深大寺ですか。私は記憶にありませんね。他の誰かと勘違いされていませんか?」
「会っていますよ。現に中原さんから深大寺でもらった御守りまだ返納せずに家にあります。そうだ!今度の日曜、一緒にお礼参りに行ってください」
「御守りですか、気になりますね。何か思い出すかも。日曜なら大丈夫ですよ」
「ありがとうございます。三十年前と同じく、深大寺の山門、十一時と言うことでお願いします」

「おはよう~待った?」麗子は深大寺の初夏を彩る新緑の木漏れ日の中から白いワンピースで現れた。口調も今日は昔のままだ。
「全然。待っていない」と私。調査期間中見慣れたスーツ姿と違って華やいで、眼鏡も外している。若き日の彼女の姿が瞳の裏に蘇る。年甲斐も無くときめく。
「よお。西島、元気だった?」
麗子の後ろから頭髪の薄い小太りのオッサンが馴れ馴れしく話しかけてきた。この声、聞き覚えがある。
「もしかして斉藤か?何でお前が今日ここに・・・」
「麗子は俺の嫁さんだ」
「えっ、でも苗字が・・・」
「俺は高校の時にお袋が再婚して、大村姓になった。付属高校から推薦で大学に進学した時、面倒なのでずっと旧姓の斉藤で通した。4年の時に麗子と同じく国税専門官試験に合格して、入局後付き合いが始まり結婚した」
「昔話はお参りの後で。お蕎麦屋さんでお昼をとりながらにしたら」と麗子。
持って来た御守りの感触が掌から薄れて消えていく。"少し待たせて、長く待たせて"三十年前の言葉が甦る。あの時待たされた後、本当に麗子に会ったのか不安を覚えた。常香炉から漂う煙が眼にしみる。

多摩 三郎(神奈川県川崎市/男性)
<<前の3件 12345|6|78910 次の3件>>

主催

深大寺短編恋愛小説実行委員会
深大寺恋物語公募ポスター

第13回公募、募集開始いたしました。皆さまからのご応募お待ちしております。
募集要項の内容が変わりましたので、作品を書き始める前、そして投稿前に必ずご確認ください。
→第13回公募 募集要項

Facebookはじめました

紹介作品について

ブログにて紹介させていただいております作品は、第一次審査を通過し、且つ、Wordや一太郎のデータにてご応募いただいた方の作品のみを掲載させていただいております。
掲載前には、直接メールでご連絡しております。
何卒ご了承ください。

著作権について

このブログに掲載されている文章、及び画像の無断使用、無断転載、無断流用を固く禁止します。
※作品の転載に関しては、ご本人様のみ可能です。
転載等に関してご質問がございましたら、事務局までご一報下さい。

深大寺周辺地域紹介

深大寺地域観光マップ

Facebook始めました

最近のトラックバック