都心の高校から調布駅に着いた後、布多天神を通り過ぎて、中央自動車道の下をくぐる。何かの境目のような小さな橋を渡ると都内にありがちな山を切り開いた住宅地。当時の流行に取り残されたままのまちまちな家の間を登れば、急に空気がひんやりする。蝉の鳴き声の密度が増して、人間様が威張っていた街はどこへやら、暗い木陰には何かが息をひそめているようにさえ思えた。緑はやけに青々とみずみずしくて、身を寄せ合うようにそば屋の赤提灯が並ぶ。ここへ来ると、茜は本来の姿に戻るのだ。
「おばちゃーん、ざる二つねー」
茜は夏服になったばかりの制服がしわになるのを気にすることなくごろんと畳に寝転んだ。本来の姿、といっても狐の耳が生えてくるわけではない。猫がはがれて、ズボラになるのだ。
「おい、花の女子高生、人前で寝転ぶな。」
「人前じゃないじゃん、そば屋の中じゃん。」
くああとのどちんこが見えるぐらいに大きなあくびをする茜を見て僕はため息をついた。
頬杖をついたまま寝転んで腹をポリポリ掻いている姿はまるでおっさんだ。
学校ではぴっちりアイロンがかけてある制服に身を包み、シャンプーの香りときれいなうなじにドキドキしてしまうポニーテールで、「茜ってかわいいよな」なんて噂されてる奴と同一人物なんて思いたくない。
「女子高生って初々しくて清楚でバラ色のほっぺをした、マシュマロのような存在だと思っていた僕の憧れを返して。」
茜はどっこいしょ、と起き上がってフンと鼻を鳴らした。
「え?ショータローの憧れとかどうでもいいから。」
そうですか。どうでもいいとかお前に言われたくないぞ、ズボラ女め。
「あれ、ショータロー、怒ったの?怒ったの?」
茜がにへらにへら笑いながら面白がって僕の顔を覗き込んできたから、僕は怒りで顔が赤くなった。茜はそれさえ目ざとく見つける。
「うわ、顔、真っ赤。」
「怒って赤くなってるんだ。近寄るな、ズボラがうつる。」
ひっぱがそうと茜の頭を押したら、思いのほかすんなり引き下がった。いつも空気を読もうともしない茜にしては珍しくてどうしたのだろうと今度は僕が茜の顔を覗き込む。おじちゃんの重い蕎麦切り包丁の音が聞こえた。
「ズボラ......か......。」
なぜかシュンとする茜。二つに束ねた髪はアンゴラウサギよろしくクタンと力なく垂れ嵯下がっていた。こいつがスキンケアとか絶対ありえないだろうに、咲いたばかりのクチナシの花を思い起こさせるしっとりと白く柔らかい肌は下を向いている。ヒグラシの鳴き声が哀愁を加えるから、なんだか僕が悪いことをした気分だ。がざがざと長靴を引き摺りながらおばちゃんがやってきた。
「なんだい、またケンカかい。さ、ざる二つ。さっさと機嫌直すんだよ。」
おばちゃんがゴトンとざるを置いた。途端に茜はレバーを全開にしたかのごとき笑顔になる。
「いただきまっす!」
この単純さに僕はあきれてしまった。心配して損した。ふてくされた僕はまるで恋敵ででもあるかのように箸で蕎麦をぶつぶつ切った。
 茜はがざつよろしくいつものように割り箸をバリッと折るかに思えた。
 だけど、今日は違った。
 箸の先端から指十一本分数えて上にのぼるとそこでやけに慎重に箸を割る。
 あ。
 と僕は気付いた。こんなことがときたまある。
 茜、好きなやつできたんだ。

「割り箸の先からね、好きな人の名前の文字の数だけ指で上にのぼって箸を割ってね、
きれいに割れたら両想いなんだって。」
茜にそう聞いたのはもう十年も昔の話だ。小学校が近いこともあってこのお寺の境内でよく友達と遊んでいたけど、僕と茜だけが鍵っ子なのでいつも最後はふたりになる。今日のように雨が上がったばかりで空気にぴしりと洗濯糊がかけられたような日だった。突然お参りしよう、と茜が言い出した。なんで、と僕は聞いた。線香の匂いが漂ってくる。
「ここ、えんむすびにいいんだって。」
茜はここにカッパのミイラがあるんだって、と明かすかのように僕に耳打ちした。僕はえんむすび、が何かはよく分からなかったけど、本殿の前で薄目を開けると茜が真剣に手を合わせていたから大事なお願いをしているんだなと思った。僕はいつもの境内になにかが潜んでいる気がして落ち着かなかった。
 母さんたちが持たせてくれた小銭を握りしめて、僕らはどうしてか黙ったままおばちゃんの所で夜ご飯がわりの蕎麦を食べた。やけに慎重に箸を割ったあと、変な形に割れた割り箸の割り口を茜はしげしげと見つめて、もそりと陳腐な占いのことを話した。
 
茜、好きなやつできたんだ。
 いつも、茜がこんな風になるとぼくは変な気持ちになる。十年前もそうだった。今だって変わらない。僕の長い名前を数える前に茜の細い指が箸を割ってしまうからだ。ジェットコースターで急降下した時に内臓がふわっとするあの感じとか、サウナから水風呂に飛び込んで全身が変に硬直する感じに似ている。自分のしたい表情と本当の感情との間で顔の筋肉がひきつれる。さすがに隠すのが上手になったけど、小さい頃は自分でも訳のわからないまま泣き出して茜を驚かせたこともあった。もう少し大きくなってからは茜がいくつの文字の人を好きになったか確かめて、必死に誰なのか特定しようとしたりした。
 だけど今は、僕は自分の気持ちに気付いてしまっている。
 茜は普段はだらしなくても学校ではなぜかきちんとしているし、男子とも女子とも気さくに話すから、時々茜が誰々に告白されたなんて噂を聞くこともある。意外な奴から「稲泉、お前茜と付き合ってんの?」なんて聞かれることもある。ただの幼なじみだと事務的に答えてやるけれど苦虫を噛み潰すような気分だ。急にふわんとした女子っぽい体つきになったのも危なっかしくてしょうがない。
それでも、誰か、を特定しようとしたりはもうしない。長い恋というのは変な自信になるものだ。考え事をしていてふと爪を噛んでいることに気付くように、毎日のふとした瞬間に茜は今何をしてるんだろう、何を考えてるんだろうと想像を巡らしてしまう。気付くと茜の一挙手一投足に僕にしか読み取れない意味を見出そうとしている。茜が誰かと付き合ったって結婚したってかまわない。それで幸せになれるとは限らないからだ。茜が好きになった人たちがみんな年をとって死んでしまうまで茜のことを好きでいる自信が僕にはある。誰がこんなに茜に執着できるだろう。初恋の人を思い続ける僕の恋は確かに一般的にみたら純愛かもしれないけれど、僕は密かにこの気持ちを恋なんて気まぐれで甘ったるい名前で縛らないでほしいと思っている。
茜は今も殊勝にもこのへんてこな割り箸占いを信じているらしい。だけどおかげで僕が茜に好きな人ができたことを察しているなんてちっとも気付いてない。
 茜さえ知らない、僕が知ってる茜の事。
 その一つが茜のこの癖なのだ。あれだけ僕を苦しめた、苦い思い出のある割り箸占いにさえも今は甘い優越感を感じている。
 さて、今回の相手は十一文字だったが、まためったにないくらい長い名前だ。久しぶりに考えてみる。十一文字。十一文字......。
 
あ。
 いないずみしょうたろう。
僕だ。
 思わず、茜のはしを見た。ずぞぞぞとそばを鯨飲する茜が握った箸は、これでもかというぐらいにきれいに割れていた。
「......茜さあ、好きな人いるの?」
ごふっと一回目は本気でむせて、二回目は取ってつけたように咳払いしてみせて、茜は澄ました顔をつくった。
「マシュマロのような女子高生だもの、いたっておかしくないでしょ。」
まだ根に持っているんだ。僕は茜をかわいく思ってこっそりほほえむ。
「それってさ、」
さっきむせたそばが変な所に引っかかったのか、茜は涙目だ。綺麗に割れた箸に後押しされて僕は言葉を繋いだ。
「僕?」
ぴたり。茜の動きも、洗い物をするおばちゃんとおじちゃんの音も、外で小学生が騒ぐ音も、ヒグラシの鳴き声も、はまりの悪いガラス窓を揺らす風の音も、一瞬、全部が止まった。地球上の全ての音はロケットエンジンのように拍動する、僕の心臓の音だけだった。
 ずぞぞぞぞぞぞ。
 箸をつかんだまま固まっていた茜が突然蕎麦をすすりだした。あっという間に最後の一本まですごい速さで食べ終える。
「ごちそうさま!ショータローの奢りね。」
ぱっと籠から小鳥が飛び立つかのように茜は椅子を蹴って逃げようとした。
 僕は咄嗟に茜の手を握った。奢ってたまるかという気持ちと、茜を好きって気持ちと、返事を聞きたい気持ちと、その他ありったけの気持ちを込めて。
「逃がさないよ。」
と僕は笑った。

金子 朱里(東京都八王子市/19歳/女性/学生)

今回も本当に多数の方にご応募いただき誠にありがとうございました。

第12回の応募総数は計307作品でした。(※2016/08/31 訂正)

今月末より事前審査が行われ、その後、最終審査へと進んで参ります。
発表は、11月もしくは12月に開催予定の授賞式において行ないます。
正式な日程が決まりましたらまたご報告させていただきます。

尚、審査結果につきましては、事前審査を通過した方にのみ、ご応募の際に記載いただきましたお電話番号へ、10月初旬~10月中旬を目処にご連絡させていただく予定です。

最終審査の結果も、同じく、審査を通過した6名にのみ、お電話でご連絡致します。
事前審査通過連絡のお電話でもお話しいたしますが、事前審査を通過した後に11月半ばを過ぎても連絡が入らなかった場合は落選です。
また、この時点では最終審査を通過したことのみお知らせし、どの賞を授賞したかなどはご連絡致しません。
授賞式当日、その場での発表となります。ご了承ください。


個々の選考結果についてはご案内いたしておりませんので、事務局へのお問い合わせはご遠慮ください。

何卒よろしくお願いいたします。

 

深大寺短編恋愛小説実行委員会
実行委員長 大前勝巳

 ばあちゃんに薔薇を観に行こうと誘われたのは、例年より十日ほど早い、五月の半ばのことだった。大学入学と同時に、吉祥寺の実家を出て一年が経つ。待ち合わせ場所は、実家からバスで三十分の距離にある神代植物公園。薔薇園が見渡せるテラス席に着くと、不機嫌なばあちゃんがすでにイスに座っていた。
「遅い」
 ゆるくパーマをかけた白髪に、銀の丸縁メガネ、菫色のカーディガン。ここ数年、オレが目にするばあちゃんはいつも変わらない。けれど、その姿が去年よりひと回り小さくなっていることに気づき、胸の奥がしんとする。

「ひとり暮らしは慣れたか、樹」
「......それ毎回言うけどさ、大丈夫だってば」
 毎年、この季節には薔薇展が催されている。今年も例に漏れず、園内には狂ったように薔薇が咲き乱れていた。広大な敷地いっぱいに広がる、赤、ピンク、紫、白、黄の花々の海。そのなかにぽつんと作られた細い道を二人でゆっくりと歩く。オレが小学五年生のときに、ばあちゃんの誕生日にふたりでここを訪れてから、今年で十年めになる。
 ふいに、ばあちゃんが花壇の前で足を止め、しゃがみこむ。視線の先には、濃いラベンダー色の大ぶりな花弁の薔薇があった。風にのって、甘い香りが漂う。ブルーリバー。ばあちゃんのいちばん好きな薔薇だ。
「なんで今年に限って早いの?」小さく丸まった背中に問うと、「今年は約束があってな」。 背を向けたまま、ばあちゃんがつぶやく。
「なぁ、樹。ずっと隠してたけどな、私はこの薔薇園に秘密がある」
 口は悪いけど、根は乙女なばあちゃんのことだ。結婚前にここでじいちゃんとデートしたとか、薔薇のアーチ前でプロポーズされたとか、秘密といっても微笑ましいものに違いない。軽い気持ちで「なに?」と訊ねると、
「浮気しとった。よくここで逢い引きしてな」
 予想外の答えに、オレはあぜんとした。

 ばあちゃん曰く、相手も家庭のある人で、つき合いは十五年ほど続いた。お互いに既婚者であることは知りつつも、出会いは運命であり、恋に落ちる気持ちは止められなかったという(思いっきり不倫のくせに、なんでやたらと乙女チックなんだ?)。ただ、ばあちゃんの弁を信じるなら、「一緒に薔薇やらつつじやら梅やらを見て、お寺さんに詣って、蕎麦を食べる。一日中、カメを眺めてたこともあったな」というじつに清らかな交際だった。
「......それって、そもそも浮気なの?」
 いまどき中学生でもしない、ピュアなデートの内容に疑問を感じてたずねる。
「心はあの人にあった。まぁ、じいさんにも相手がいたから、おあいこだな」
 ーーじいちゃんも浮気してたのかよ。 
 予想外の展開にげんなりしながら、「いまも会ってるとか?」と恐る恐る訊くと、「十年前に姿を現さなくなって、それっきり」。
 寂しそうにつぶやくばあちゃんの横顔に同情しつつ、心の底からほっとした。「墓まで持っていく話だからな。ほかのやつには秘密」
「......まだその人を好きなの?」
 ばあちゃんは答えず、すました顔で薔薇の香りを嗅いでいる。その横顔を眺めながら、
 ーーなんでよりによって、オレに話すかな。
 こっそりため息をついた。

 数日後、ばあちゃんが死んだ。朝、母さんが様子を見に行ったときには冷たくなっていたという。死因は心臓発作だった。心臓に持病なんてなかったのに。あっけなさに、オレも家族も悲しみを忘れて、ぽかんとしていた。 
「形見分け、好きなのもらっていけ」
 通夜や告別式がひと通り済み、下宿先に帰る準備をしていると、親父に声を掛けられた。荷造りもそこそこに、ばあちゃんの部屋のドアを開ける。ラベンダー色のカーテンが陽に透けて、部屋全体が淡い紫に染まっていた。
 ベッドに文机、小さな本箱がひとつ。それらは生前と変わらぬ様子で、きちんと整頓されていた。文机には、ばあちゃんが愛用していたパーカーの万年筆が、行儀良く置かれている。手にとると、ずしりとした重みがてのひらに伝わる。これをもらうことにしよう。
 本箱に視線を移すと、本の合間に見慣れたモロゾフの四角い缶が置かれていた。ガキの頃、ここにお菓子が詰まっていて、よくばあちゃんにもらった。懐かしさに駆られて、蓋を開ける。中身を見て、ぎょっとした。
 下着だった。菫色の上下のセット。精緻な模様を幾重にも重ねたレースで作られたそれは、古びて薄く埃が積もっていた。ふいに、ブルーリバーの紫が目前によみがえる。そして、少女のように無邪気なばあちゃんの笑顔。目の前の下着との落差に、目眩がした。
 下着の下には写真が数枚あった。指先で下着をつまみ、ベッド上に置く。写真の中には薔薇のアーチを背景に若かりし頃のばあちゃんらしき女性と端正な顔立の男がいた。余白には「Iと薔薇園にて」。浮気相手に違いない。
 ーーこの下着を着て、逢い引きしてた? 
 ベッド上で死んだように、ぐにゃりとしている下着に目を向け、何とも言えない気持ちになる。写真は全部で十五枚あった。一九九一年からはじまり、毎年一枚ずつ、日付はすべて五月二十七日。ばあちゃんの誕生日だ。毎年、男に会いに行っていたのだろう。オレと出掛けたのはアリバイ作りのためだったのかもしれない。鼻の奥がつんとした。
 不思議なのは、途中から二人の間に少女が写っていることだ。初めは中学生くらいだった少女は毎年成長し、二〇〇五年、二十歳頃で写真が終わっている。ちょうど、不倫相手が現れなくなった時期だ。
 文机の上のカレンダーに何気なく目をやり、気がつく。明日は五月二十七日。生きていれば、ばあちゃんの六十一歳の誕生日だった。
「そういえば、今年は約束があるって......」
 薔薇園での言葉を思い出す。あれは、どういう意味だったのだろうか。
ーー明日、薔薇園に行ってみようか。
 ばあちゃんが最後にオレにだけ秘密を打ち明けた理由が、わかるかもしれない。

 翌日、正午。薔薇のアーチ前で、オレは目の前に現れた陽炎をぼんやり眺めていた。炎天下のもと、ここに立ち続けてもうじき二時間になる。ばあちゃんの浮気相手どころか、園内に人の気配はない。暑すぎるのだ。
 あと五分待って帰ろう。熱気で茹だった顔を腕時計に向けたとき、「笹原樹さん?」。
 か細い声に振り返る。立っていたのは、三十歳くらいの黒髪の美しい女の人だった。

 植物公園の深大寺に近い出口を出てすぐ、山の中腹にぽつんと一軒だけある蕎麦屋で、オレと女の人は向かい合っていた。
「ご紹介が遅れてすみません。水尾香子です。芳乃さんの恋人だった男の娘です」
 目の前の女性、香子さんが深々と頭を下げる。オレも慌ててお辞儀を返した。
「笹原芳乃の孫の樹です。じつは、祖母は数日前に亡くなって、今日はオレが代わりに」
 香子さんがうなずき、艶やかな黒髪をかきあげた。髮の合間に桜色の爪が見え隠れする。
「このたびは御愁傷様でした。立場上、ご焼香にも伺えず申し訳ありません。父もすでに十年前に他界していて。私も代理なんです」
 裏切られたわけじゃなかったんだ。安堵したオレの顔を見た香子さんがくすりと笑う。「樹さん、大人っぽくなりましたね」
「オレ、あなたに会ったことがあるんですか」
 驚いて訊ねると、香子さんは無言のまま微笑む。ふいに写真の少女が脳裏によみがえる。
「あなたと芳乃さんのことは、よく知っています。この十年間、毎年見ていたもの」
 黙り込んだオレを、香子さんがじっと見つめる。そして、「とうとう話す時が来ちゃったか」とつぶやくと、静かに語り出した。

「父と芳乃さんが知り合ったとき、二人ともすでに家庭のある身でした。そのせいか、終止、清い交際のままだった。たとえば、年に一度、芳乃さんの誕生日に薔薇園で会うというような。昔、待ち合わせする父を尾行したことがあります。二人はこの坂を上って」
 香子さんは、目前に伸びる坂を見つめる。
「人気のない山頂で父は何かを懇願していた。でも、芳乃さんは悲しそうに首を振っていて。その横顔が、ため息が出るほど美しかった」
「......昨日、祖母の部屋を整理していて、その、古い下着を見つけたんです。祖母が好きだったブルーリバーという、紫色の薔薇の、」
「父が贈ったのでしょう。父は家庭を捨てて、芳乃さんと一緒になりたがっていた。芳乃さんは承知しなかったようですが」
 香子さんは悲しげに微笑んだ。
「下着と一緒に写真も見つけたんです。二人と一緒に少女がいた。どんどん大きくなって」
「ある年に尾行がばれてから、三人で会うようになったの。何度も嫌いになろうとしたのに、最後まで芳乃さんを憎めなかった。それどころか、年に一度会うのが待ち遠しくて」
 懐かしげに目を細める。
「今日、なんでオレに声を掛けたんですか?」
「約束したんです。芳乃さんと、薔薇の下で」
 そう言って、香子さんがオレの頬に触れる。
「亡くなった父のかわりにあなたたちを見守る。けっして声をかけない。そして、芳乃さんが亡くなったら、今度は私があなたに会う」
 指先から香る薔薇の甘い匂いに目眩がする。
「やっと、あなたに触れることができた」
 
「では、また」とお辞儀した香子さんがバス停の方角に歩いて行く。夕闇に淡く溶ける後ろ姿を見送りながら、一年後、オレは再びこの薔薇園に来ることになるのだろうと思った。

荻野マキ(東京都)
<<前の3件 12345|6|78910 次の3件>>

主催

深大寺短編恋愛小説実行委員会
深大寺恋物語公募ポスター

第13回公募、募集開始いたしました。皆さまからのご応募お待ちしております。
募集要項の内容が変わりましたので、作品を書き始める前、そして投稿前に必ずご確認ください。
→第13回公募 募集要項

Facebookはじめました

紹介作品について

ブログにて紹介させていただいております作品は、第一次審査を通過し、且つ、Wordや一太郎のデータにてご応募いただいた方の作品のみを掲載させていただいております。
掲載前には、直接メールでご連絡しております。
何卒ご了承ください。

著作権について

このブログに掲載されている文章、及び画像の無断使用、無断転載、無断流用を固く禁止します。
※作品の転載に関しては、ご本人様のみ可能です。
転載等に関してご質問がございましたら、事務局までご一報下さい。

深大寺周辺地域紹介

深大寺地域観光マップ

Facebook始めました

最近のトラックバック