今年もいよいよ、公募が始まりました。
第13回公募の締め切りは、7月31日(月)13時必着です。

毎回、少しずつ募集要項を改定しているのですが、今回は投稿に関わる大幅な改訂が行なわれておりますので、今まで投稿されたことがある方も必ずダウンロードしてご確認ください。

毎年締め切り間際に掲載しておりますが、今年は早めに応募の際の注意事項を掲載いたします。
是非、執筆・投稿の際の注意事項としてお考えください。


締切り間際の投稿は、危険です。
毎年何編か締切り時間を過ぎて届きますが、お断りさせて頂いております。
フォームの場合はこちらに届いた時間ですべて締め切っております。
締め切り直前はサーバーが混み合います。時間に余裕を持ってご応募ください。
普通郵便で送られる場合は、更にお気をつけ下さい。3日前には投函された方が無難です。

ご応募いただく際に「不備があったら連絡ください」と言うメッセージをいただいたり、ご応募後に「不備はありませんでしたか?」のご連絡をいただくのですが、大変申し訳ございませんがこちらからはフォーム投稿による受信連絡以外一切行っておりません。
例え不備がみつかったとしても、ご連絡はいたしません。
また差し替えてくださいというご連絡も多いですが、差し替えもいたしません。
1秒でも先に頂いた原稿を投稿作品として受理いたします。

下記は特に多い困ったことです。
ほぼ毎年変わりませんので、ご応募の前に今一度ご確認ください。

<郵送の方に多い困ったこと>
・二つ折りや四つ折りなど、原稿用紙を折って封入
・本文に本文以外のあらすじなどの文章や挿絵等が記載されている
・鉛筆や毛筆で書かれていて、文字が判別しにくい
・マス目を無視して文章を記載し、文字数が曖昧
・二重線で訂正が入っていたり、吹き出しや赤ペンで加筆
→投稿作品だということを、誰かに読んで貰いたい作品だということを忘れないでください。
 必ず清書状態の原稿用紙をお送りください。

<フォームの方に多い困ったこと
・特殊な拡張子のデータを添付
 →今回よりWordデータのみの投稿となりました。Wordデータ以外をご利用の場合は、印刷して郵送してください。

<共通する
困ったこと
・資料を事務局へ請求
 →こちらにお送りするような資料はございません。ご自身でお調べください。
  願わくば深大寺界隈を直接お訪ね下さるのが一番です。現地の空気に是非触れて下さい。

・既成作品の盗作行為
 →ストーリーが異なったとしても、設定だけでも盗用はダメです。

・個人情報がない・足りない
 →秘匿したい情報があるのは分りますが、HP掲載時や受賞者発表時に伏せることは出来ますので、投稿時に伏せるのはやめてください。また、虚偽の申請もおやめください。

・作品原稿にタイトルが入っている
・個人情報が作品内に書かれている
 →表紙と本文は別にしてください。原稿に記載していいのは本文だけです。

・そもそも深大寺について全く触れられていない
 →こちらで公募しているのは、「深大寺やその界隈について盛り込まれた恋愛小説」です。関係のない短編小説や恋愛小説などを投稿したい場合は、別の公募へお願いします。
 また、置き換えれば他の場所でも通じるような汎用性の高い作品は、選外となることが多いことも付け加えさせていただきます。

・原稿用紙にページ番号が記載されていない
 →フォーム投稿用の規定原稿用紙には自動的にページ番号が出るように設定されていますが、それを使用したとしても必ずページ番号がすべての原稿用紙に記載されているか確認をしてください。
 基本的に原稿部分には本文しかないのが前提ですので、ページ番号がない場合、意図しないページ順になったとしても気づかれない可能性があります。
 投稿前に必ず確認をお願いいたします。


前回も規定外の作品が15編以上ありました。
審査員の目に触れることもなく、折角の作品であろうと即選外です。
選別するこちらも苦渋の選択だということをご理解ください。

以上、事務局からのお願いでした。

募集内容

関東有数の古刹である天台宗別格本山「深大寺」の発祥は、その名前の由来でもある「深沙大王」という神様にまつわる「縁結び」の物語に由来する、と伝えられています。「深大寺」という歴史あるお寺、その門前に位置する数多くの「そば屋」や「お土産屋」、そして「東京都立神代植物公園」をはじめとする、その界隈の「豊かな自然や花と緑」を盛り込んだラブストーリーを募集します!

応募規定

  • 専用応募フォームからの応募を推奨。メールに直接記入やPDFは不可
  • 事務局への持ち込みはご遠慮ください。(事務局郵便受け投函はOK)
  • A4サイズ、「横向縦書」、40文字×20行設定で1枚800文字、空白も含み5枚以内。手書きの場合に限り、1枚400字設定の原稿用紙10枚でも可。ただし清書であること。)
  • 一度提出した原稿の修正、並びに規定に合っているか等の問合せは不可。
  • 1人1作品のみ応募可。未発表のオリジナル作品に限る。※発表済の類似作品が見つかった場合は入賞を取り消します。
  • 第13回募集要項(pdfファイル)をダウンロードし、小説執筆の前に必ず要項に添付されている井上荒野先生の選評をご一読ください。

[推奨] 公式サイト上の専用フォームから応募する場合

郵送で応募する場合

  • こちらからダウンロードできる「郵送用表紙フォーマット(PDF)」を印刷して原稿と合わせて応募すること。
  • 郵送用表紙フォーマットをダウンロードできない方は、原稿とは別に手書きの表紙を用意し、住所、氏名、年齢、性別、職業、電話番号、作品のタイトルを記載。
  • 原稿は表紙を除いてページ番号をふること。原稿は綴じず折らずに送ること。(FAXは不可)

応募資格

不問

審査員

村松友視

1940年4月10日東京生まれ。 慶応義塾大学文学部哲学科卒業後、中央公論社勤務を経て作家となる。 1982年『時代屋の女房』で第87回直木賞受賞。 1997年『鎌倉のおばさん』で第25回泉鏡花文学賞受賞。 2016年は文藝春秋より『北の富士流』を出版。 小説からエッセイまで多岐にわたる作品を精力的に執筆中。

井上荒野

1961年東京生まれ。 成蹊大学文学部英文学科卒業後、出版社でアルバイト。 その後、大学受験生向け新聞のフリーライターに。 その傍らに書き上げた小説「私のヌレエフ」が第1回フェミナ賞を受賞。 2008年『切羽(きりは)へ』で第139回直木賞受賞。 2011年『そこへ行くな』で第6回中央公論文芸賞受賞。 2013年1月26日『つやのよる』が全国ロードショーとなる。 2016年『赤へ』で柴田錬三郎賞受賞。

清原康正

1945年旧満州鞍山生まれ。 同志社大学大学院文学研究課修士課程中退。出版社勤務を経て現在、文芸評論家。 日本ペンクラブ理事。 1993年『中山義秀の生涯』で第7回大衆文学研究賞を受賞。 著書に『山本周五郎のことば』『歴史小説の人生ノート』など。

賞金

最優秀賞10万円(1編)、審査員特別賞5万円、調布市長賞 など

応募締切

2017年7月31日(月)13時必着

発表

2017年11月末に開催予定の「深大寺そばまつり」並びに当HP

主催

深大寺短編恋愛小説実行委員会

協力(予定)

アカデミー愛とぴあ/深大寺奉賛会/深大寺そば組合/調布タウン誌182/J:COM 調布/調布エフエム放送株式会社/林建設株式会社

後援(予定)

調布市/深大寺/(公社)調布青年会議所/(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団/調布市商工会/調布市教育委員会/調布市観光協会/(福)調布市社会福祉協議会/調布市文化協会/株式会社角川大映スタジオ/日活調布撮影所/京王電鉄株式会社/京王電鉄バスグループ/小田急バス株式会社

応募先

専用応募フォームからの応募を推奨

※上記応募フォームからの応募がどうしても難しい場合に限り郵送でも可
郵送での応募先
〒182-0026 東京都調布市小島町2-40-10 CFビル2F 深大寺短編恋愛小説実行委員会事務局

問い合わせ

電話:042‐487‐4282 / E-Mail:novel★chofu.com(★部分を@に変更の上、お送りください)

諸権利

入賞作品の出版権、上映権、映像化権等の諸権利全ては主催者及び共催者に帰属。また、主催者及び共催者は、全ての応募作品について、その作品をホームページ等で掲載させていただく権利を有するものとします。

その他

応募作品の返却はいたしません。


今年も無事に公募事業が終了いたしました。
協議の結果、次年度第13回公募の開催が決定いたしました。

募集開始は2017年2月上旬の予定となっております。

募集要項の掲載、並びに募集期間につきましては、
追って公式HPでご連絡致しますので今しばらくお待ちください。

皆さま、良いお年をお迎えください!
<<前の3件 1234|5|678910 次の3件>>

主催

深大寺短編恋愛小説実行委員会
深大寺恋物語公募ポスター

第13回公募、募集開始いたしました。皆さまからのご応募お待ちしております。
募集要項の内容が変わりましたので、作品を書き始める前、そして投稿前に必ずご確認ください。
→第13回公募 募集要項

Facebookはじめました

紹介作品について

ブログにて紹介させていただいております作品は、第一次審査を通過し、且つ、Wordや一太郎のデータにてご応募いただいた方の作品のみを掲載させていただいております。
掲載前には、直接メールでご連絡しております。
何卒ご了承ください。

著作権について

このブログに掲載されている文章、及び画像の無断使用、無断転載、無断流用を固く禁止します。
※作品の転載に関しては、ご本人様のみ可能です。
転載等に関してご質問がございましたら、事務局までご一報下さい。

深大寺周辺地域紹介

深大寺地域観光マップ

Facebook始めました

最近のトラックバック