都心から電車で数十分、更にバスに乗って数十分、彼女が僕を連れて行った先は、深大寺という場所だった。
 春と夏の間の季節、抜けるような空の色を見上げて、湿気と濃い緑の匂いでむせ返る。
「悠君のお父さんとお母さんがね、私と一緒に遊んでおいでって」
 そう僕に話しかける彼女は、少しだけ悲しそうな顔をしていた。
「行こう」
 そう言って、彼女の腰ほどしか身長のない僕に手を差し伸べる。僕はその掌に触れていいものかしばし悩み、撫でる様にそっと繋ぐ。  
 すると彼女はぎゅっと握り返して来て、少し意表を突かれた。
「いっぱい楽しい事しようね」
 緩やかに、しかし力強く僕の手を引かれた。
彼女のさらさらとしたロングヘアと白いワンピースが揺れる。僕はしばらくそれを見つめながら歩いた。
 ふと「全部知ってるよ」と言おうと思ったが、彼女の微かに震える声に気付いてしまい、言葉を飲み込んだ。きっと、優しい人なのだ。
 彼女はころころと表情を変えながら話しかけてきた。
「悠君、お花が咲いてるよ」
「悠君、あっちまで競争だよ」
「悠君、はぐれちゃ駄目だよ」
 彼女は僕が寂しくないように沢山の言葉をかけてくれた。手が離れたら繋ぎ直してくれた。決して表現が豊かな訳ではなかったが、大人達に静かに嘘を吐かれ続けていた心には、裏表のない言葉が心地よかった。

「悠君、お昼ご飯、お蕎麦でいいかな」
 日が高くなった頃、彼女が少し恥ずかしそうに笑った。そろそろ御飯時である。彼女が指差した先には、蕎麦屋ばかりがぎゅっとひしめき合っていた。
 それぞれの違いが分からず、彼女を見上げる。彼女はさっと幾つかの店先を見た後、その内の一つに入る事を決めた。
 店員に促され、窓際の席に着く。
「そろそろ長袖じゃ暑いね」
 と頬を膨らませ一息ついた後、何を頼むか聞いてきた。外食なんて久しぶりの僕は、勝手が分からずに
「同じものでいいです」
 とぶっきら棒に答えてしまった。
 彼女とぽつりぽつりと話していると、注文の品が運ばれてきた。微かに、蕎麦粉の素朴な香りがした。
 誰かと出かけて食事をする。その尊い凡庸さに、当てられてしまったのかもしれない。 
 それは、本当に突然だったのだ。
 この季節には嬉しい、さっぱりとした味を堪能していると、突然鼻の奥がつんとした。
 ああ、不味い。
 そう思った時には既に涙は目に溜まり、溢れ落ちるのを待つだけだった。
 最初に感じたのは羞恥だった。両親でもなく、親しい友人でも無い彼女の前で泣くのは、幼いながらに恥ずかしいの一言だった。
 凄まじい勢いで考えた結果、蕎麦をすすりながら、鼻をすする音を誤魔化すことにした。
それが幼かった僕に出来た、プライドを守る唯一の術だった。
 しかし、細やかな抵抗虚しく、どんどん視界は揺れていく。眉間に皺を寄せ、奥歯を噛み締めて我慢しようとしても、涙は次々に溢れてきて、遂に箸を置いて手の甲で拭わなくてはいけなくなった。
 正面に座っていた彼女は、何かを言おうと口を開け、しかしそのまま閉じてしまった。
 僕は情けなくて、恥ずかしくて、とうとう自分の膝を見たまま顔を上げられなくなってしまった。
 どれくらい時が流れただろう。隣の席が微かに軋む音がした。
 はっと顔を上げると、いつの間にか彼女が隣に腰掛けていた。そして腕を広げ、そのまま僕の頭をそっと抱いてくれた。
 喉の奥から、何かがせり上がってくる。確かな震え。暗い感情。涙を、もう止めることはできなかった。
 誰を責めることも出来なかった。誰を責めれば良いのかすら分からなかった。
 お父さんとお母さんのどちらについて来たいかと言われた。三人で一緒にいたいと言えなかった。
 新しいお家は広いよと言われた。狭くても良いからこのままが良いと言えなかった。
 言えなかった言葉を吐き出す様に、僕の身体はしばらく嗚咽と共に震え続けていた。
 ぽんぽんと、彼女が僕の頭を叩く。彼女の白いワンピースの胸元に、僕の涙が滲んでいった。
 心が張り裂けそうだった。明るい未来なんて来ない気がした。それでも僕の元に、明日はやってくる。暗くのし掛かってくる現実を思い、今この瞬間だけは彼女に縋った。
 彼女の悲哀を帯びた瞳が、下を向く僕を見下ろした気がした。
 
 彼女に縋った僕の心の意味は、その時はまだ分からなかった。深大寺が縁結びで有名と知ったのは、それからずっと先の事である。

 いくつもの季節が流れて、僕は再び深大寺に訪れた。
 あの頃とは名字は違うが、心はあの頃に戻ったようだった。
 今思えば、この深大寺から数駅先に行った所には賑やかな観光名所が幾つもあった。そちらへ連れて行かなかったのは、家族に対して神経質だった僕への、彼女なりの配慮だったのだろうか。
 彼女との待ち合わせは、境内の中である。
「悠君、久しぶり」
 彼女は僕よりも目線が低くなり、顔に残っていた幼さが無くなっていた。すっきりとしたセミロングの髪と、ネイビーのタイトスカートがよく似合っている。
 僕を見る眼差しは、ただただ真っ直ぐだ。
「お久しぶりです」
「うわ、声低くなったね」
「もう子供ではないので」
「そっか、そうだよね。私も歳をとるよね」
 あはは、と軽く笑い、少し俯く。
「そろそろ行こうか。いっぱい楽しい事しようね」
 そのまま、あの頃をなぞるように共に歩く。
「悠君、お花が綺麗よ」
「悠君、あそこまで走ってみない」
「悠君、余所見してはぐれないでね」
 もう子供と呼ぶには難しい年頃の僕を、あの頃のまま名前で呼ぶ。彼女の言葉も当時の様だった。

「悠君、お昼ご飯、お蕎麦でいいかな」
 少し悪戯っぽく笑いながら、彼女は聞いてきた。
 ひしめき合っているお蕎麦屋さんの中から、今度は僕が一件を選び、席についた。
「どれにしますか」
「うーん、悠君と同じので」
 少しぶっきら棒に彼女が答える。
「...からかわないで下さい」
 明るい印象の彼女だが、根に持つタイプらしい。
 ほのかな蕎麦の香りを堪能し、箸を手に取った所で、僕はなるべくさりげなく言った。
「ご結婚、おめでとうございます」
 自然に、けれどしっかり言おうと思っていたのに上手くはいってくれなかった。喉はいつの間にか乾いていて、最後は掠れてしまった。それを誤魔化すように、急いで蕎麦に手を伸ばす。
「ありがとう」
 少し間を置いて返ってきた、その言葉を聞いた途端、目の前の景色が歪み始める。やがて、僕の目尻から零れ落ちていく。
 鼻をすする音を、蕎麦をすする音で誤魔化す。プライドの護り方が、何も変わっていない。
 彼女は真っ直ぐな眼差しで僕を見つめてくる。彼女はもう、僕の隣には来てくれない。
 彼女は確かに今僕の前にいるのに、これから先、彼女の隣にいるのは、僕ではない誰かなのだ。あの時僕の頭を撫でてくれた指には、シンプルな指輪が光っている。
 仕方ない。
 幾ら縁結びの神様だって、十二歳の年の差と、過去の事とはいえ親族という間柄には勝てないのだ。
 彼女が僕をまだ名前で呼ぶのは、名字の変わってしまった僕の扱い方に、少々戸惑っただけの事なのだ。たった、それだけのことなのだ。
 彼女はいつの間にか、窓の外を眺めていた。
きっと僕に気を使い、どこでもないどこかを眺める事に決めたのだ。
 髪型が変わっても、服の好みが変わっても、眼差し変わっても、その少しだけ悲しい優しさだけは変わっていない。
 窓から入ってくる風に、彼女の短くなった髪が揺れる。
「僕は髪の長いあなたも好きですよ」
 そう言いたかった。言ったら何かが変わったかもしれない。勿論、何も変わらないかもしれない。けれど、言えなかった。
 言いたい事が言えないままなのも、苦しいくらいあの頃のままだ。僕の弱さも、変わっていない。けれど、この涙は自分で止めなくてはならない。
 風と共に、緑のむせ返るような匂いが流れてくる。遠くでセミが鳴く声が聞こえる。
 ああ、今年も夏がやってくる。

柊硝(東京都/23歳)
「ほおずき市?」
出張先のホテルに妻から電話がかかってきたのは、午後十一時を少し過ぎた頃だった。シャワーを済ませホテルの部屋で缶ビールに手を伸ばした瞬間、携帯電話が鳴った。

―そう。深大寺でね、明後日からやるんだって。行ってみない?

電話の向こうで妻が言う。ほおずき、ほおずき・・・あまりピンときていない僕に気付いたのか、妻が続けて言う。

―あのオレンジ色のさ、風船みたいな植物だよ

あぁあれか、と合点がいくと同時に疑問が湧く。そんなもの見に行ってどうするんだろう?
「うん・・・時間があればね」我ながら気のない返事だとは思ったが、出張先にわざわざかけてくる電話としては少し実のない話のような気がしてしまった。
その後も電話の向こうで何か話していたが、適当に返事をして話を切り上げてしまった。悪いとは思ったが、どうせ明後日になれば会えるのだ。

三日間の出張を終え、帰途に着く。東京へ向かう新幹線の中で家に帰ったら何をしようか・・・と思案していた。帰ったらちょうど週末だ。小学生になったばかりの愛娘、美香を連れてどこか行こうか・・・などとあれこれ考えているうちにあっという間に調布駅に着いた。

「ただいま。」
いつも通り玄関の扉を開けたが、何か違う。家全体が静まり返り、人気がない。
「ただいま」と先ほどより大きめに声を出してみたが返事はない。おかしいぞと思いつつ靴を脱ぎかけたそのとき後ろから声を掛けられた。
「お帰り。早かったね。」
突然予想外のところから声を掛けられ身を強張らせたが、妻の美晴だった。
「ただいま・・・どこか行ってたの?」
「うん、今美香をおばあちゃんの家に送ってきたとこ。」
「おばあちゃん家?」
「え?前に言ったじゃない。美香が『小学生になったから、ひとりでおばあちゃん家に泊まりたい!』って言うからこの週末にって。」
「え・・・あ、そうだったね」確かにそんなようなことを言っていた気がするがすっかり頭から抜けていた。
「お昼は?食べてきた?」
「いや、まだ。」
「私も。少し遅めだけど、ランチしよっか。」
そう言って妻はそそくさとキッチンへ行き、準備を始めた。その間に僕はスーツケースを片付け、三日分の洗濯物を洗濯機に突っ込み、さっとシャワーを浴びた。
部屋着に着替えリビングへ戻ると、キッチンにはいつも通りの妻の姿があり、慣れた手付きで料理の支度をしていた。そんな妻を眺めつつ僕はソファに寝転がり、寛ぎながらテレビを見ていた。
妙に静まり返る家の中に響く、リズミカルな包丁の音。僕の見ているテレビの音。何気ない休日のはずだが、いつもよりゆっくり、ゆったりと感じられる。

「お待たせー」キッチンから妻が料理を運んでくれる。僕の好きなオムライスだ。
食卓につき、手を合わせる。そこで再び妙な静寂を感じる。そうか...久々の二人きりなのだ。いつもならここに美香がおり、賑やかな食卓になっているはずだ。
気付いた途端、妙に照れくさくなる。二人きりなんていつぶりだろう。
「二人なんて久々だね。」
僕と同じことを考えていたのか、少しはにかんだように妻が言う。そうだね、と相槌を打ちながらよく冷えた缶ビールに手を伸ばす。プシュッ、と開けふと妻の方を見る。
「あれ?アルコールフリー?らしくないね」妻の持つ缶のラベルを見て尋ねる。学生時代の妻はかなりの酒豪だった。大学のサークルで出会い、2つ下だった彼女は先輩の飲み会にまで顔を出すほどのお祭り好きでよく知られていた。自分も飲み会となれば俄然やる気を出すタイプだったので、あの頃は始発までどちらが飲み続けられるか、なんて遊びもよくやったもんだ。
「うん、最近はね。ダイエット、ダイエット。」
「ダイエット?太ったの?」
「三十七にもなればねー。」
そう語る妻をしげしげと眺め、確かに昔に比べればふっくらはしたものの、三十七歳にしてはなかなかのプロポーションじゃないか、と心の中でひとりごちる。そういえば、冷蔵庫の中の缶ビールがなかなか減らなくなったのはいつからだろうか。
改めて妻を見る。出会って十八年、結婚して十年。思えば美香が生まれてからというもの、なかなかゆっくりと話す機会も減っていた。

「なぁ」
「うん?」
「ほおずき市、行こうか。」
「ほんと?」嬉しそうに妻が笑う。最初に好きになったのは、この笑顔だったっけ。

夕方ごろ、支度をして家を出る。夏の夕方特有のこもったような空気に体が包まれ汗がじわじわと噴き出してくるが、不思議と不快感はなかった。
家から深大寺までは歩いて十五分もかからないはずだ。調布に住むようになって気付けば六年。京王線で新宿まで約三〇分、通勤に便利でかつ緑豊かなところが気に入って選んだこの街だったが、こんなにゆったりした気持ちで歩くのは初めてかもしれない。
「ここを曲がった先にね、スーパー銭湯があるんだよ。」
さすがに妻は僕より詳しいらしい。きっと美香を連れて町を散策することもあるのだろう。
「天然温泉なんだってー。すごいよね、都会の真ん中に天然温泉。」

夏の夕暮れに染まる妻の横顔をさりげなく覗き見る。西日を浴びて少しまぶしそうに目を細めながらも前を見つめるその姿に、僕はどこか懐かしさを覚えていた。

「わぁ。なんだか懐かしいなー。」
深大寺に着くなり、妻がはしゃいだ声を上げる。ほおずき市は正確には鬼燈祭りというようで、ほおずきの展示・販売はその中のイベントの一つのようだ。
しかし祭りの名を冠しているだけあって想像以上に多くのほおずきが並んでいた。門外漢にはどれも同じ様に見えるが、きっと種類も様々あるのだろう。色鮮やかなオレンジが深大寺の境内を飾る。
「懐かしい?」
「小さい頃ね、おばあちゃん家の玄関先にほおずきの鉢植えがあったの。よく鳴らして遊んでた。」
「へぇ...そんな風に遊べるんだ。」
「今時の子は知らないだろうなぁ。他にもっと面白いものがあるもんね。」
そう言いながらしゃがみこみ、並んでいるほおずきを愛おしそうに眺める妻。そんな妻の姿を見るのは久しぶりのような気がして、なんだか新鮮だった。

ふと見回してみると、境内では他にも手作りの手芸品・工芸品が売られていたり、東北復興支援の物産展が行われていたりと大勢の人で賑わっていた。また出し物もあるらしくプログラムを見ると猿回しなんてものもあって、想像以上に趣向を凝らした祭りのようだ。美晴も珍しいものを見るかのようにキョロキョロと周りを見ながら楽しんでいる。

二人で過ごすのも、二人でこうやって出掛けるのも本当に久しぶりだな、と考えながら並んで歩いていると自然に美晴の手を取っていた。指が触れた瞬間、美晴は少し驚いたようだったが離すことはなくそっと握り返してきた。美晴は右手、僕は左手。学生時代と変わらない。

「ねぇ。」
ふいに美晴が声をあげる。
「ん?」
「深大寺にゆかりある神様、知ってる?」
「え...知らないけど」そもそも寺なんだから神様じゃなくて仏様じゃないのか?なんて僕の心の声は聞こえるはずもない。
「じゃあいいや!」と言った美晴は少し照れたように笑いながら顔を逸らし、ぱっと手を離して東北物産展の方へ歩いていってしまった。
なんだろう?と気になった僕はポケットからスマートフォンを取り出し、インターネットで「深大寺 神様」と調べてみた。

山口 友紀恵(東京都江戸川区/26歳/女性/会社員)

深大寺は一六年ぶりだ。深大寺そばを最後に食べたのはいつだろう。深大寺に向かうバスに揺られながら考えた。

私は都内のマンションに夫と息子と三人暮らしをしている、深大寺出身のイラストレータ。夫は会社員で出張が多く、土日も仕事をしていることが多い。息子は大学生となり、バイトに忙しいらしく、平日も土日も帰りが遅い。私はおこづかい稼ぎと趣味をかねて、イラストレータをしている。うれしいことに仕事はたくさんあり、毎日忙しい。大人の関係と言ってしまえば聞こえはいいが、家族はばらばらだ。
私は食いしん坊で、友達からよく食事の誘いがある。先週、中学の親友からメールがあり、またおいしいストランの誘いかと思ったら、仕事の依頼だった。親友は今でも深大寺に住んでいて、ローカル紙の副編集長をしている。
「深大寺をテーマにした記事を書くことになったの。深大寺のイラスト描いてくれない?」
依頼を受けた瞬間、この仕事は私にしかできない、と思った。私はすぐに返信した。
「OK。条件は?」
メールで手早く契約内容を確認し、翌日、深大寺へ絵を描きに行った。

午前中、新宿で仕事の打ち合わせをし、京王線に乗った。新宿で早めのランチをしてもよかったのだが、せっかく深大寺に行くのだから、そばを食べようと思った。今日はめずらしく夫も息子も家にいるという。ついでに夕飯用のそばを買って帰ろう。
行く店は決まっていた。店の前に立つと、変わらぬたたずまいにほっとした。店主やおかみさんの顔は忘れた。値段や味も忘れた。私はざるそば大盛を頼んだ。でてきたそばは味わいがあって、こしがあって、つゆの甘さと辛さがちょうどよかった。味は思い出した。これぞ深大寺そばだ。
店内には小さい子供のいる家族、女同士、中学生か高校生のカップルがいた。小さい子供のいる家族と女同士は水を飲みながら楽しそうにおしゃべりしていた。中学生か高校生のカップルはつきあいはじめたばかりだろうか、無言でそばをすすっていた。以前見たことのあるような風景がそば屋の中にひろがっていて、懐かしい気持ちになってきた。
腹ごしらえをして本堂にむかった。茶屋ではそば饅頭が売られている。茶屋の店員がだるまのきぐるみを着て踊っている。さすがに以前はきぐるみ店員はいなかったと思うが、通りのにぎわいは変わらない。山門は全然変わらない。本堂も鐘楼も。
線香を立て、本堂におまいりした。本堂から離れた場所に陣取り、絵を描き始めた。今日は天気がよく、新緑が美しい。私は深大寺の屋根のカーブした形が大好きで特に丁寧に描いていた。カーブの線を何度かなぞっていると、記憶がよみがえってきた。

かつて深大寺でデートをしたことがある。その時もあのそば屋でざるそばを食べた。
「つゆの甘さと辛さ、ちょうどいい。」
と彼は言った。いつも私は大盛りを頼むけれど、あの時は恥ずかしくて並盛にした。物足りなくて茶屋でそば饅頭を買って、歩きながら食べた。彼とうまくいくよう願掛けするために、だるまを買った。
山門を並んでくぐり、鐘楼に近づいてじっと眺めた。何度も深大寺に行ったことがあるから、私にとって鐘楼は珍しいものではない。少しでも彼と長くいるために、鐘楼に何か話すべきことが書いていないか探したのだ。
本堂のおまいりはとても長かった。私が顔を上げると、彼はまだ目をつぶっていたから、同じお願い事を繰り返した。顔を上げると、彼は本堂の屋根を見ていた。彼は私が顔を上げたのに気づき、言った。
「屋根のカーブした形おもしろい。うちの親父のおでこみたい。」
「ほんと、おでこみたい。」
私は彼のおでこを見ながら、彼の言葉を繰り返した。
彼が上に行こうと言うから、本堂の左手の階段をあがり、元三大師堂に行った。今度は少し長めにおまいりした。顔を上げると、彼は元三大師堂の屋根を見て、言った。
「こっちの屋根は、頭がとんがってて兜みたい。」
「ほんと、兜みたい。」
私は五月人形の兜を思い浮かべながら、また彼の言葉を繰り返した。
彼はまた上に行こうといった。元三大師堂の左手の階段をあがり、開山堂に行った。
日差しのつよい新緑の頃だった。開山堂のまわりは木が生い茂って日陰となり、風に吹かれて黄緑の葉がきらきら光っていた。開山堂まで来ると、人通りは少なかった。どのくらいそこにいただろう。何を話したかは忘れてしまったが、そこに暗くなるまでいた。

私は我に返り、手元のイラストが描きかけなのに気づいた。イラストを描いているうちに気持ちだけタイムトリップしたようだ。本堂を見ると、日差しの角度はそれほど変わっていなかった。ほんの短い時間の出来事だった。
「今は仕事中。集中、集中。」
自分に言い聞かせた。

本堂を描き終わり、私は元三大師堂に向かった。元三大師堂の前に立つとまた懐かしさがこみあげてきた。
思い出にひたっていると、元三大師堂の左手の参詣道から、そば屋で見かけた中学生か高校生のカップルが降りてきた。二人は手をつないでいて、そば屋でみかけたときよりずっと親しげに見えた。きっと開山堂の前でいろんな話をして、お互いの距離を縮めたのだろう。
私は急いで元三大師堂を描き始めた。左手の参詣道を歩くカップルも描いた。モデルはあの頃の私たちだ。

太陽が傾きかけてきた。早く絵を描き終えよう。そして早く家に帰って夕飯の支度をしよう。今度は元ボーイフレンドの夫と、夫にそっくりな息子をつれて来ることにしよう。 
この話をしたら、夫はどんな顔をするだろう、覚えているだろうか。私と同じように思い出を楽しんでくれるだろうか。息子は私たちの真似をして恋人と深大寺に行くだろうか。私は鉛筆や画帳をしまい、中学生か高校生のカップルと私たちの思い出を重ねながら、家路を急いだ。

中川泉(東京都世田谷区/42歳/女性/会社員)

<<前の3件 7891011|12|13141516 次の3件>>

主催

深大寺短編恋愛小説実行委員会
深大寺恋物語公募ポスター

第13回公募、募集開始いたしました。皆さまからのご応募お待ちしております。
募集要項の内容が変わりましたので、作品を書き始める前、そして投稿前に必ずご確認ください。
→第13回公募 募集要項

Facebookはじめました

紹介作品について

ブログにて紹介させていただいております作品は、第一次審査を通過し、且つ、Wordや一太郎のデータにてご応募いただいた方の作品のみを掲載させていただいております。
掲載前には、直接メールでご連絡しております。
何卒ご了承ください。

著作権について

このブログに掲載されている文章、及び画像の無断使用、無断転載、無断流用を固く禁止します。
※作品の転載に関しては、ご本人様のみ可能です。
転載等に関してご質問がございましたら、事務局までご一報下さい。

深大寺周辺地域紹介

深大寺地域観光マップ

Facebook始めました

最近のトラックバック