<第10回公募・選外作品紹介>「ラッキーカラーは赤」 著者:九頭院 毬枝

 ラッキーカラーは赤というから交差点で赤信号を待って渡った。行き先を決めずに信号の赴くままに進むのが私の流儀なので、今日はその逆をやってみているということになるのだろう。
 外を走るのはやっぱり気分がいい。第一歩を踏み出した時の高揚感。私はこのまま何処にでも行けるのだと思うと、何でも出来そうな気がしてくる。信号だけが私の道先案内人。今日は何処へ連れて行ってくれるのだろう。
 いつもはノンストップで走り抜ける信号で立ち止まると、普段は見えなかった景色が見えてくる。買い物籠を持ったお婆ちゃんに、自転車に乗った学生さん。ベビーカーを押すお母さんに、日傘を差した女性。普段交わらない色んな人達が混ざり合う交差点。私はどんな風に見えているのだろう。まだダイエットのために走っている人に見えるのだろうか? 赤いランニングウェアは持ってなかったけど、靴は赤を選んだ。赤が映えるように上下は白系。そこまで派手ではないと思う。
 青梅街道には入らずに、千川上水の脇を走ることにした。道を挟んで中央に緑があって楽しい。吉祥寺通りで赤信号に止められたから、今日はそのまま直進。三鷹通りは青信号だったから、赤信号を待って左折した。いつもとは違う何処かへと向かって行く期待感に、何かが起こりそうな気がした。

 そもそも、私はこんな風に走ったりするような人間ではなかった。それどころか、小柄な癖に小太りな体型をしていた。自分に自信もなかったから、なんとなく眼鏡を掛けていた。そんな私にも、憧れの上司が居た。その人は別に人目を惹く容姿をしている訳でもないし、そんなに若くもないのだけど、私に声を掛けてくれた。なんとなく会話ができた。
ある日、行きつけの占いサイトで、その人との相性を占った。結果は微妙だった。名前を平仮名にしたり片仮名にしたり、空白を開けてみたりしたけど、良い結果は出ない。何気なく、その人の名前でインターネットを検索していた。変わった名前だったし、何も出て来ないだろうと思った。以前、自分の名前を入れても何もヒットしなかったからだ。ところが、検索結果八十四件。それも、ほとんど全て、マラソン大会のサイトだった。え、嘘、と思った。こう言ってはなんだけど、とてもマラソンなんて出来るような人には見えなかったから。きっと同年代の同姓同名の別人だろうと思った。それでも尋ねていた。
「あの、部長って四十一才でしたっけ?」
「ああそうだよ」
 そんなストレート過ぎる質問に、部長はあっさりと答えてくれた。
サイトに載っていた年齢とぴったり同じだ。マラソンをやっているのか直接聞けばいいのに、何故か言えなかった。
会社の飲み会の席で、たまたま部長の隣になった。
「勿体ないな」
 部長は酔っていた。
「何がですか?」
 ビールを二杯飲んだだけだったけど、確実に酔っていた。
「絶対見栄えするのにと思って」
「え?」
 不意に、居酒屋の喧噪が聞こえなくなった。私の耳には部長の声しか届かない。部長、何の冗談ですか? ビールたったの二杯ですよね? そういう私はビールを一杯飲んだだけだったけど、耳朶まで真っ赤だったと思う。
「君もランニングを初めてみないか?」
言われたことを反芻してみる。私は別に酔っていなかったから、部長が何を言っているのか分かった。
 翌日、さっそくスポーツ用具店に買い物に出かけた。靴とランニングウェアとパンツを買った。どう走ったらいいかも分からなかったので、ランニング雑誌も買った。その日の夜から走った。夜なら誰にも見られなくて済むと思ったからだ。十五分も走らないうちに、動悸が激しくなり、息が乱れ、苦しくなった。帰りは歩いて帰った。もうやめようと思った。でも、翌日の夜も、同じように走っていた。今度は時間を計って、昨日走った十五分の半分、八分で行けるところまで行って、引き返した。家に戻ると、玄関に倒れ込んだ。そんな風に、毎日走り続けた。
我ながらよく続いたと思う。これまで何かの努力なんてしたこともなかったし、一生そういうのとは無縁だろうと思っていた。
気がつけば、体重は十五キロも減っていた。それだけ減ると自分でも分かる。見た目もさることながら、日常の何気ない所作にまで影響が出る。引っ込み思案な性格は相変わらずだったけれど、何かを頼まれれば、きびきびとした動きで対応することが出来た。
「スリムになったよな」「腰が軽くなった」「恋人でも出来た?」
 主に男性社員の評判が良かった。女性社員からは特に何もなかったけれど、正直どうでも良かった。でも、肝心の部長はもう長いこと出張に出ていた。思えば、部長が戻ってきたらびっくりさせよう。そう思って、この数ヶ月頑張ってこられたのだと思う。
 部長が出張から戻ってきた。私は部長と外回りの仕事に出ることになった。
「ちょっと寄って良い?」
 と部長が言うので、何が良いのかよく分からなかったけど、私は、いいですよと言った。
 そこは大きな木のたくさんあるお寺だった。なんというか東京にこんな場所があるのかと驚いた。木に遮られ夏の日差しが柔らかく、蝉の声が聞こえた。人がちらほら居たけど、私の心臓は高鳴っていた。どうして部長はこんなところに寄ったのだろう。今の私を見てどう思ったのだろう。そんなことを気にしながら。本殿へと向かった。賽銭箱にお金を入れ、部長は手を合わせた。私もそれに倣った。
「行こうか」
 部長は笑った。その額には汗が滲んでいた。
 参道を歩く間、私達の間に会話はなかった。友達でも恋人でもなく、会社同士の付き合いなのだから、会話がなくても不自然ではない。それだけに、悲しかった。
「何でもね」
 と部長は言った。
「え?」
「ここって恋愛祈願の寺としても有名らしいんだよ」
「そうだったんですか?」
 部長の言葉の真意を探ろうとする。
「ついでに寄ってみたんだ。悪かったね」
「いえ」
 と答え、私は消えてしまいたいくらいの失意を覚えた。悪かったね、という言葉を脳内で反芻しながら、どうして、部長の隣に居るのだろうと思った。
「それにしても君、見違えたよ。うん、悪くないよ」
 そう言われ、何故だか涙が出てきた。
 その後すぐに、部長は結婚した。

 三鷹駅を通り抜け、私は更に南下していた。今まで来たこともない道だった。既に何処を走っているのか、分からなくなっていたけれど、信号に導かれるままに走った。太陽は高く、とても眩しかった。
高い木が見えてきた。成蹊大学の辺りかとも思ったけれど、もう三鷹駅を通り過ぎている。刹那、心臓がとくんと脈打った。予感めいたものを覚えながら、小学校の横道を抜けて最後の信号を渡った。そこは大きな公園だった。私は立ち止まり、周囲に視線を巡らせると、道案内の看板を見つけた。
"深大寺"
道案内の矢印に従って進むと、すぐに参道が表れた。高い木に、蝉の声。私はその道をゆっくりと歩く。そうあの時と同じように。
ふと、私の脳裏に一年前の光景がまざまざと蘇る。ほろ苦いだけだった夏の思い出。そうか、部長と訪れたのは深大寺だったのか。蝉の声に導かれながら、私は本殿に向かった。
そこは一年前と全く変わりはなかった。変わってしまったことと言えば、部長は結婚し、私はランニングウェアに身を包み、一人でやって来ているということ。私は賽銭箱の方には近寄りもせず、手足を伸ばしながら、場違いな空気を纏わせていた。ふとその時、階段の向こうから赤いランニングウェアを着たランナーが本殿に登ってきた。部長、と思ったけれど、違った。珍しい女性ランナーだ。その人は本殿に着くと、私と同じようにストレッチをしだした。おそらく、ここを一応のゴール、折り返し地点と定めて来たのだろう。女性ランナーは私に気がつくと軽く会釈してきた。ランナー同士の軽いコミュニケーションだった。私は会釈を返しながら、その時には既に、その女性に何かを感じた。
今日のラッキーカラーは赤。
 まさか、と思った。それとも、そうか、と思ったのかも知れない。兎も角、今日のラッキーカラーは赤。青信号を気の向くままに進むのが私の流儀だとするなら、今日はいつもとは逆の赤。私は赤いランニングウェアを着た女性の前まで進むと、赤信号を待つときのように立ち止まった。女性は私を見上げると、明るい笑顔で言った。
「今日は」
 汗が輝き、顔が紅潮している。真っ赤な頬。ラッキーカラーの赤。若く可愛らしい女性だ。
「今日は」
 と私は返した。その時には、互いに互いの運命を感じていたような気がする。
 一年後、私たちは結婚した。恋愛祈願で有名と聞かされたこの場所で、一度は恋に破れた。そして、同じ場所で、私のような者でも普通の女性と結ばれることができた。
 ここには何かあると思う。

九頭院 毬枝(東京都練馬区)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: <第10回公募・選外作品紹介>「ラッキーカラーは赤」 著者:九頭院 毬枝

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://chofu.com/_mt/mt-tb.cgi/542

主催

深大寺短編恋愛小説実行委員会
深大寺恋物語公募ポスター

第13回公募、募集開始いたしました。皆さまからのご応募お待ちしております。
募集要項の内容が変わりましたので、作品を書き始める前、そして投稿前に必ずご確認ください。
→第13回公募 募集要項

Facebookはじめました

紹介作品について

ブログにて紹介させていただいております作品は、第一次審査を通過し、且つ、Wordや一太郎のデータにてご応募いただいた方の作品のみを掲載させていただいております。
掲載前には、直接メールでご連絡しております。
何卒ご了承ください。

著作権について

このブログに掲載されている文章、及び画像の無断使用、無断転載、無断流用を固く禁止します。
※作品の転載に関しては、ご本人様のみ可能です。
転載等に関してご質問がございましたら、事務局までご一報下さい。

深大寺周辺地域紹介

深大寺地域観光マップ

Facebook始めました

最近のトラックバック