<第10回公募・選外作品紹介>「過ぎ去った日々へ」 著者:桐生あゆみ

 最後の日は、絶対に泣くと思っていた。
沢山の思い出を吸い込んだ俺達の城。お互いの趣味がごちゃ混ぜになったインテリアも、お揃いで買ったお気に入りのカップも、全て消え去ってしまった。
 俺は、段ボールだらけの部屋を見回しながら、そこまで悲しくない自分に、少し驚いている。
「直美。終わったぞ」
 直美は、丹念に化粧をしていた。出る時間を決めても、予定通りに進んだ試しはない。「化粧のノリが良いか悪いかって、その日の肌の調子とか、気温とか、気分とかで色々変わるのよ。男にはわからないでしょうけど」
 そんな言い訳を毎回聞くのも面倒なので、俺はいつしか予定を立てるのを辞めた。男には分からない事を考えたって、どうにもならない。直美の用意が出来たら家を出る。そう決めれば良いだけの話だ。
「ごめんね。お待たせ」
 いつもより赤味が強いチークを付けた直美もまた、寂しそうには見えなかった。
「じゃ、行きましょうか」
「俺は最後に忘れ物がないかチェックしとくから、先出てろよ」
「はいはい」
 誰もいなくなった我が家を隅々まで見通す。記念に写真を撮っておこうかと思ったが、何の記念か分からなくなったのでやめにした。
 玄関を出ると、直美は携帯から目を離して俺を見た。
 冷たい風が吹き付ける。
「随分真剣に眺めてたわね」
「そりゃ、十年間もお世話になった家だし」
 十年......その分俺も直美も年を取った。遥か遠くの未来だと思っていた三十の大台は、もう四年前に突破している。
「寂しい?」
「いや。そうでもない」
「そう」
 直美が、俺の手を握った。
「じゃ、行こうか」
 お互いの手が冷たくて、手を握り合ってもちっとも暖かくならなかった。

 冬の深大寺は空いていた。
 寒い寒いと叫びながら、元気に走り回る子供を眺める。直美が体を震わせた。
「さっむ!」
 確かに、今日はとんでもなく寒い。
「......どうする?」
「どうするって、何よ?」
「この寒さじゃ、外で弁当食べるのは無理だろう。どっか店入ろう」
「え! 嫌よ。外で食べるの! その為にお弁当作って来たんだから」
良一「え~」
直美「今更弱気な事言わないでよ」
良一「......わかったよ」
 近くのベンチに腰を下ろして、俺達は弁当を食べ始めた。
傍を通るカップルが、興味深そうに俺達を盗み見る。物好きな夫婦だと思っているのだろう。
 震える手でおにぎりを頬張る。ふと横を見ると、直美の手も小刻みに震えていた。
 何だかバカらしくなって、俺は笑いが止まらなくなった。
「何?」
「いや、傍から見たら変な奴だよな。こんな真冬にわざわざ外でおにぎりって」
直美の顔にも、笑顔が浮かんだ。
「本当ね」
「あの時は春だったもんな」
「そうそう、深大寺がお蕎麦で有名だって知らなくて、私がお弁当作って来ちゃったんだよね。良一君は嫌がらずに食べてくれたけど、本当は呆れてたんでしょう」
「俺は嬉しかったよ。彼女の手作り弁当って、ずっと憧れてたんだ」
 あの頃も今も、直美の作る料理の味は変わらない。
 変わってしまったのは何だろう?

 久しぶりにチケットを買って、神代植物公園の中を歩いてみる事にした。近場で良いデートスポットを思いつかなかった俺は、直美をよく此処へ連れてきた。バラなんか全く興味がないのに。女性は全員花が好きなんだろうと思っていた時期が、俺にもあったのだ。
「ここは変わらないわ」
「あぁ。そうだな」
「冬でもバラって咲いてるのね」
「だなぁ」
「ほら、覚えてない? 亮一君、此処に来るの初めてだって言ってたのに、何処に自動販売機があるのか知ってて」
「あったなぁ。そんな事」
 下見をしていたのがばれて、物凄く恥ずかしい思いをした。
「馬鹿だよなぁ。俺」
「私は嬉しかったよ。一生懸命考えてくれたんだなぁって思ったから」 
「......」
 二人で歩いたバラ園。大温室。色々な思い出がフラッシュバックして、思わず口をつぐんだ。
 直美が不思議そうに俺を見る。
「どうしたの?」
「いや、何でもない」
「もう帰る?」
「え?」
ずっと繋がれていた直美の手が、離れた。
「......どうしたんだよ。まだ来たばかりだろう」
「うん。でも、良一君あんまり楽しそうじゃないから」
 確信を付かれて、ドキンと心臓が脈打った。それは、終わりを告げる鐘の音のように聞こえた。
 タイムリミット。
「ごめんね。我がまま言って、寒い思いさせて」
 最後に謝らせてしまうなんて、自分が情けなくて腹が立つ。
「最後に、初デートをもう一度やり直したいなんて変なお願い、よく聞いてくれたね」
「お前の我がまま聞くのも、きっと最後なんだろうから。別にいいんだよ。気にすんな」
「ありがとう」
「......手」
 もう一度手を繋ぎたかった。だから、直美の方へ手を伸ばした。
直美は、手の平を下に向けた状態で、俺の方にすっと腕を伸ばした。
「......」
 そのポーズがどういう意味を持っているのか、知っている。
俺は、直美の薬指に指輪をはめるマネをし
た。
「誓った癖にね」
 直美がポツリと言った。
「ごめん......」
「別に良いよ。どっちが悪いってわけでもな
いしね。お互いの問題だよ。良一君だけが悪いんじゃない」
「あぁ」
 分かっている。どちらが悪いのでもない。
 一緒に暮らす意味がなくなってしまった。いや、意味がないと思ってしまった事が、問題だった。子供が出来なかった事、一緒に過ごせる時間を、俺が確保出来なかった事、口げんかが絶えなくなった事、お互いの存在が重荷になった事......。
 色んな要素が重なって、徐々に壊れてしまっただけだ。

いきなり直美が、俺のお腹を力を込めて殴った。
「痛っ」
 意味が分からず、お腹を押さえて前かがみになる。
「罰だ、罰」
「......何の罰だよ」
「神様に嘘をついちゃったからね」
「......そうですね」
 一生幸せにする。
 確かにそう誓ったはずだった。
「私にもちょうだい。罰を」
「は?」
「良一君にだけ罰が下るなんて可哀想だし。私も神様に誓ったからさ。だから、殴っていいよ」
「はぁ?」
「いいから殴って。そうしないと、私もすっきりしないの」
 直美は時々、ビックリするけじめのつけ方をする。この突拍子もない思いつきに、付き合った当初は随分ドギマギしたものだ。
「こんな公衆の面前で女を殴れるわけないだろう」
「じゃあ、陰に隠れるとか」
「DVにしか見えないだろう」
「でも......」
 不満そうな直美を見ていたら、急に愛しさがこみあげてきた。
 こんな変な女、この先一生出会う事はないだろう。
気が付いたら、俺は直美を抱き寄せていた。
「ちょっと」
 戸惑ったような声が耳元で聞こえたが、知らないふりをして、更に腕に力を込めた。

 終わってしまった後も、お互いが幸せになれれば良い。俺が与えられなかった時間を、いつか誰かと掴んでくれれば......。
 そんな事を、思いながら。

桐生あゆみ(東京都八王子市/25歳/女性/アルバイト)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: <第10回公募・選外作品紹介>「過ぎ去った日々へ」 著者:桐生あゆみ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://chofu.com/_mt/mt-tb.cgi/538

主催

深大寺短編恋愛小説実行委員会
深大寺恋物語公募ポスター

第13回公募、募集開始いたしました。皆さまからのご応募お待ちしております。
募集要項の内容が変わりましたので、作品を書き始める前、そして投稿前に必ずご確認ください。
→第13回公募 募集要項

Facebookはじめました

紹介作品について

ブログにて紹介させていただいております作品は、第一次審査を通過し、且つ、Wordや一太郎のデータにてご応募いただいた方の作品のみを掲載させていただいております。
掲載前には、直接メールでご連絡しております。
何卒ご了承ください。

著作権について

このブログに掲載されている文章、及び画像の無断使用、無断転載、無断流用を固く禁止します。
※作品の転載に関しては、ご本人様のみ可能です。
転載等に関してご質問がございましたら、事務局までご一報下さい。

深大寺周辺地域紹介

深大寺地域観光マップ

Facebook始めました

最近のトラックバック