<第8回公募・選外作品紹介>「私が一番、美しくなれる場所」 著者:松井 司

 死んだ父さんがいってた。私には、一番美しくなれる場所があるって。「それはどこなの?」と訊ねると、父さんは空を見上げた。
 ――ここだよ。
 ここって、どこだったんだろう......。
1.
「ねえ、アカリ、アカリってば」
「あっ、ごめん」瞬きを二度すると、視界の歪みがとれ、幼なじみのレイの輪郭が浮かんだ。
「大丈夫? もう、そろそろ来るんじゃない」
「ほんと?! もうそんな時間?」
 私は腕時計の時刻が十七時を示していることを確認してから、窓の外へ目をやった。参道の向こうの、なんじゃもんじゃの木が、大きなカリフラワーのように映る。満開の白い花は、今週が一番の見どころのようだ。
 私たちは、深大寺の蕎麦屋にいた。空腹だというレイはせいろ蕎麦を、家で母が夕飯の仕度をしている私は、ぜんざいを注文した。放課後、自転車を走らせてやって来たのは、レイからある噂を聞いたからだった。
 ――ユウが深大寺でお祈りしているとこ、見た人がいるんだって。サッカー部の女子マネの先輩と一緒だったらしいわよ。
 確かめようよ、といったのはレイの方だった。私も同じ気持ちだったが、「何でよ」と引いた。「今日も来るか、分からないじゃない」
 すると、レイは鼻を鳴らした。
「それが、今週の月火水、目撃情報があるのよ。私の勘だと、ユウは今日もきっと来るわよ」
私は今日の日付を思い出す。五月一週目の木曜日だ。
「しかも、深大寺でお祈りってやばいでしょ」レイは興奮気味だった。
「どうして?」
「深大寺っていったら縁結び! ユウは恋しているのよ」レイは自信たっぷりに断言した。赤縁の眼鏡の奥で、スクープを見つけた記者のように好奇心に満ちた目が晃った。実際、レイは新聞部に所属している。パソコンにも詳しく、コンピューターグラフィックも学んでいるらしい。
 一方、私は気が気じゃなかった。ユウが恋している......。通学途中に大事な忘れ物に気がついたときのような、焦りに似た感覚をおぼえた。
 西陽が路面に薄らと夕影を作り始めた時、入口の方に見えた人影が、山門の方へ小走りで近づいてきた。その走り方を見て、私は即座にユウだとわかった。小さい頃から変わってない。
「来た来た!」レイは、はしゃぐような声を出してから、「夕焼け時を狙って、ユウが現れました」と、レポーター口調でいった。ユウの名前は「夕」と書くのだ。
 私たちは蕎麦屋を出て、ユウに気づかれないよう距離を保ちながら、彼の様子を伺った。
 ユウは本堂で賽銭し、手を合わせた。その、静かに祈る背中を眺めていると、胸が痛くなった。先輩との恋が成就するようにと、祈っているのだろうか。
 祈り終えると、ユウは辺りを見渡した。誰かを探しているようでもあったが、やがて、ベンチに腰掛けた。それから暫くの間、ユウはじっと座っていたが、夕闇が辺りを包み始めると、腰を上げ、どこか重い足取りで帰っていった。
 その後、私たちはユウの座っていたベンチに近づいて座った。
「ユウ、何を祈ってたんだろうね」レイがいった。
「さあ......」頭の中で、色々な言葉と想いが駆けずり回っていた。私は唇を結んで下を向いた。
 そのとき、レイの足下に、白い落し物があることに気がついた。カードのように見えた。
 拾ってみると、写真だった。裏返しにして、私は思わず息を呑んだ。自然と言葉が洩れた。
「わあ、綺麗な人」
 背中の半分程まで髪を伸ばした女性が、なんじゃもんじゃの木の下で微笑んでいる。雪のように白い頬と、涼やかな秋波に施された化粧が、大人の気品と色気を漂わせていた。
 どこかで見たことがあるような気もしたが、誰だかわからなかった。
 ――女子マネの先輩と一緒だったらしいわよ。
  嫌な想像が膨れ上がった。先輩ならば、私も校舎ですれ違ったこと位、あるのかもしれない。
「この写真、ユウが落としてったんだよね」私の手元を覗き込んだレイがいった。私も異議はなかった。
 ユウは、恋しているのだろうか。
2.
 その晩、私は部屋の机で、高一になって初めて知る、恋煩いの辛さに打ちひしがれていた。夕食時も、お風呂で髪を洗っている時も、気づけばユウのことを考えてしまっている。不意に、何故だか昔の写真が見たくなり、アルバムを開いた。
 幼い頃、毎日のようにレイと三人で遊んでいたユウを、異性として意識し始めたのは、中学二年生のときだ。
 サッカー部に入部したユウは、レギュラーは無論、試合に出させてすらもらえなかった。
 冬休みのある日、用事があって学校へ行くと、誰もいない校庭で、シュート練習をするユウを見つけた。声をかけようとして、息を止めた。
 細かい助走を刻んだ末、ユウの右足から放たれたシュートは、小さい頃、一緒にボール蹴りをして遊んだときとは違って、男の子の力強さを兼ね備えていた。
廊下ですれ違う度、ユウの身長を気にするようになったのも、それ以来のことだ。
 しかし今春、高校へ入学すると、ユウと話す機会が少なくなった。クラスも違っていたし、ユウは部活で忙しそうだった。けれど、たまに一緒になる帰り道は、私の一日をより明るく輝かせてくれた。
私にとって、ユウは一番の男友達だと思っていた。けれど、女子マネとの噂を聞いた時、ユウを取られたくない、と強く思う自分がいた。
 アルバムを捲っていると、ページの隙間から紙切れが一枚、落ちた。何だろうと拾い上げて、はっとした。十二歳の頃、ユウからもらったものだ。手紙とも呼べないそれには、小学生の男子らしい、少し乱雑な字で、こう書かれていた。
――高校生になったら、スノーフラワーの下で会いましょう。花が満開になる一週間、僕は毎日待っています――
胸の奥で記憶がざわめいた。もしかして......。
私はすぐにレイに電話をした。スノーフラワーの場所を知っているか問うと、「なんじゃもんじゃの木のことよ」と答えが返ってきた。「雪のように白い花を咲かせるからそう呼ばれているの」
 翌日の夕方、私は再び深大寺に向かった。風花のように花びらが舞う、なんじゃもんじゃの木の下で、ユウを待った。待っている時間が、やけに長く感じられた。でも、きっと来てくれる。そう信じていた。
 空が夕焼けに染まり始めた頃、境内の中央を歩いてくるユウを視界に捉えた。私に気づいたユウは、目を見開いたが、すぐに花笑みを向けた。
「覚えててくれたのか」
「ごめんね、ユウ。私、大切なこと忘れてた」
  ユウは優しく微笑んで首を振った。
「この場所――アカリが一番美しくなる場所で会いたかったんだ」
「私が一番、美しくなる場所?」
「覚えてない? 前に、アカリのお父さんが教えてくれたんだよ。スノーフラワーは「雪」と「花」、それにアカリが揃うと、美しい言葉になるって」
 脳裏の奥で、父さんの声が蘇った。
 ――大切な人を照らしてあげられる、迷っている人の道しるべになれる、そんな人になって欲しい。そんな願いを込めて、月(アカリ)ってつけたんだよ――
「雪月花......」私は小さく呟いた。
 ――美しい風景のことをそういうんだ。
 ユウは私の目を見て柔らかく笑い、薫風に花弁をなびかせる、なんじゃもんじゃの木を見上げた。あの時、父さんが見上げたのは空じゃなくて、この木だったんだ......。何年も前の風景がフラッシュバックして、胸が温かくなった。
 そっと差し出されたユウの手に、私は自分の手を添えた。茜色に染まった遠くの空に、夕月が浮かんでいた。月(アカリ)をひとりぼっちにしない、そんな風に夕空がいってくれているような気がした。――なんて、ただの惚気だろうか。
3.
「お惚気さん」
 最後にそういい、アカリとの電話を切ってから、レイはプリンターから印刷された写真を手に取った。たった今、アカリから送られてきた写真だ。そこには、なんじゃもんじゃの木の下で笑う、アカリとユウが写っている。
「まったく、世話の焼ける二人だわ」
  レイは伸びをし、その後で、机の引出しから別の写真を取り出した。なんじゃもんじゃの木の下で、レイ自身が写っている。
 アカリと深大寺へ行った時、ユウが座ったベンチの前で、こっそりとこれを落とした。奥手の二人には、少し刺激が必要だった。両想いなのにくっつかない二人を見続けるのは、歯がゆくて仕方ない。
 レイは、ユウからアカリへの想いを聞かされていた。「アカリは覚えてないかもしれない。けれど、俺はあの場所でアカリを待つんだ」ユウはそういって聞かなかった。そのことをアカリに教えることも出来たが、アカリには、自分で気持ちに気づかせたかった。ちょっとした悪戯心があったのも事実だが。
 レイは、自分の写真をパソコンで少々、修正した。眼鏡を外し、髪は背中くらいまで伸ばして明るめのブラウンを入れた。目元には化粧をし、頬のそばかすは目立たなくした。
  そして最後に、女子マネとユウとの噂をアカリに聞かせたのだ。もちろん、アカリにヤキモチを妬かせ、自分の気持ちに気づいてもらう為に。我ながらおせっかいだと思う。でも、今回のことで、レイ自身にも気持ちに変化があった。アカリは、写真の女性をレイだと気づかなかった。
 ――わぁ、綺麗な人。
 アカリの口からこぼれた言葉。それを聞いた時、レイは嬉しかった。恋愛なんて、自分とは無縁だと遠ざけていた。自信もなかったから。
 私が一番、美しくなれる場所――。
  今度はわたしが、探しに行く番だ。

----------------------------------------------------------------

<著者紹介>
松井 司(東京都品川区/26歳/男性/会社員)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: <第8回公募・選外作品紹介>「私が一番、美しくなれる場所」 著者:松井 司

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://chofu.com/_mt/mt-tb.cgi/451

主催

深大寺短編恋愛小説実行委員会
深大寺恋物語公募ポスター

第13回公募、募集開始いたしました。皆さまからのご応募お待ちしております。
募集要項の内容が変わりましたので、作品を書き始める前、そして投稿前に必ずご確認ください。
→第13回公募 募集要項

Facebookはじめました

紹介作品について

ブログにて紹介させていただいております作品は、第一次審査を通過し、且つ、Wordや一太郎のデータにてご応募いただいた方の作品のみを掲載させていただいております。
掲載前には、直接メールでご連絡しております。
何卒ご了承ください。

著作権について

このブログに掲載されている文章、及び画像の無断使用、無断転載、無断流用を固く禁止します。
※作品の転載に関しては、ご本人様のみ可能です。
転載等に関してご質問がございましたら、事務局までご一報下さい。

深大寺周辺地域紹介

深大寺地域観光マップ

Facebook始めました

最近のトラックバック