「捨てる神と拾う神」 著者:加藤 ひなこ

 真夏のコンクリートの中、田端春子は風を切って自転車を走らせた。
平凡な住宅地の間を走る、整備された都道121号線。その道路沿いにある深大寺小学校を曲がると、急に旅先のような風景が広がる。薄石が敷かれた歩道のわきには小川が流れ、提灯をぶら下げた昔ながらの造りの蕎麦屋やだんご屋が並ぶ。そしてその奥には深大寺が控えている。
春子は歩道に自転車を止めると、駆け足で本堂へ向かった。休日は参拝客や蕎麦を食べる客で賑わっているが、平日の夕方で人は少ない。
春子は財布を取り出すと、ありったけの小銭を賽銭箱に投げた。大きな音をたてて二度手を叩く。
「彼氏ほしい彼氏ほしい彼氏ほしい!」
 春子はぎゅっと瞑っていた目を開き、本堂を睨んだ。
「頼むよ神様」
 険しい顔をしたまま、お堂を出てすぐの蕎麦屋中村屋に入る。そして真っすぐ奥の席に向かう。
「天ざる大盛りと蕎麦豆腐!」
 厨房の奥から、はーいと威勢のいい声が響いた。

 深大寺からそれほど遠くない大通り沿いに、調布病院はある。古くからある大きい総合病院だが、改装したばかりで施設は美しい。春子が21歳でこの病院に看護士として勤め始めてから、もう7年が立っている。
「また天ざる食べたでしょ」
 春子がナースステーションに入るなり、同僚の美香が話しかけてきた。
「なんで」
「油浮いてるよ」
 美香は春子の唇を指さす。
「ちょっと太ったんじゃない?」
「ほっといてよ、太ってないし」
 春子は唇を拭いながら言った。
「そーお?彼氏がいるからって油断しすぎ」
 春子は美香を睨んだ。美香はその視線を無視して、カルテを春子に渡す。
「病棟は落ち着いてる。詳しいことは先生から聞いて。じゃ、おつかれ」
 説明もそこそこに、美香は病棟を出て行った。春子はその後姿を見つめた。いつもよりも髪型のセットが念入りだ。心なしか化粧も濃かった気がする。デートの予定でもあるのかもしれない。
「とっくに別れたし」
 つぶやいて、春子はカルテを捲った

 その夜の病棟は平和だった。いつもなら嬉しいことだが、今夜は違った。静けさは春子に余計なことを思い出させる。元彼の康太のことだ。
康太は4年付き合った春子をあっさり振って、春子より2歳年下の女と結婚した。共通の知人からの情報だった。まだ別れて3カ月もたっていない。
二人がうまくいかなかったのは、ただのすれ違いだと思っていた。不規則な勤務時間、会える時間が少ない、その中ですれ違っていっただけだと。だけど違った。春子は負けたのだ、顔も知らない他の女に。選ばれなかったのだ。何がいけなかったんだろう。片付けが苦手な所、めんどくさがりなところ、康太より食べっぷりがいいところだったかもしれない。今となっては思い当たることが多すぎる。
これから先、誰かに選ばれることなんて、あるのだろうか。
春子の視界がふいに滲んだ。頭を振り、春子は懐中電灯を手に取る。
「巡回してきます」
 じっとしていると、悪い考えばかりが頭を支配する。

 薄暗い病院の廊下を春子はゆっくりと歩いて行く。いつからか、深夜の病院を巡回するのも平気になっていた。就職したての頃は恐ろしかったのに。曲がり角の先に懐中電灯の光を向ける時、何者かがいないかと怯えたものだ。これは成長だろうか。ふと春子は考えた。鈍感になっただけかもしれない。
ナースステーションに戻ると、主任の後藤博美が緑茶を入れた所だった。
「お疲れ様。飲んだら」
「頂きます」
 春子は席につき、カップに口をつける。温かいお茶がじんわりと体に広がる。停滞した思考回路が、少しほぐれた気がした。
「なんか最近注意力散漫だね。今日はたまたま平和だけど、忙しい時にそれじゃ困るな」
 春子はカップを机に置いた。
「す、すいません...」
 博美は少し微笑んだ。
「病院で何かあった?」
「いえ、あの、その何もないんです!」
 春子にとって博美は憧れている先輩だ。激務の内科病棟でも、いつも物腰が柔らかで品がある。バタバタした自分とは大違いだ。
「本当に?」
 博美が春子を覗き込む。春子は少し怯んだ。いつも涼しい顔をしている博美には、なんだか全て見透かされている気がする。
「あ、いや...。まあちょっとつらいことはあったんですけど」
「ふうん?」
続きは?という風に博美は頷く。
「それからその事思い出してつらくなったり、先のこと考えて不安になったり、そんなことばっかり考えて、自信とかどんどんなくなってきちゃって...」
 すみません、と春子は頭を下げた。
「あ~。あるよね、そういうこと」
 博美は深く相槌を打つ。春子は驚いて顔を上げた。
「主任でもですか!?」
 信じられないという風な調子だ。博美は当然よ、と笑う。
「そういう時は考えすぎないことかな。過去も未来もどうにもできないからね」
 そのうちいいことあるよと博美は笑った。
 春子は緑茶に沈んだお茶の葉をじっと見つめて、ぼんやりと思った。
 この病院に来て経過した7年のうちに、得たものと失ったものはどちらが多いのだろう。
康太に必要とされなかった自分はこのままでいいのだろうか。

 春子が目を覚ますと時計は午後3時を過ぎたところだった。夜勤明けでそのまま倒れるように眠っていたのだ。今日は非番で、何の予定もない。
春子はとりあえず出かけることにした。家にいるとまた余計なことを考えてしまう。
自転車にまたがり、ペダルを漕ぎ始めた。アスファルトの先が歪んで見える。まだ日は高く、ジリジリとアスファルトを焦がしていた。
 121号線を、深大寺を背に下っていくとほどなく調布駅に出る。深大寺界隈の風情とは違って、駅前は賑やかだ。都心部と比べると都会とは言えないが、不便はないし、街路樹も美しい。春子はこの駅を気に行っていた。  
調布駅に来るのは久しぶりだった。康太と別れてから、あまり近寄らないようにしていた。康太の職場があるからだ。電車に乗る時は、わざわざひとつ先の布田まで出ていた。
「馬鹿らし」
 春子はつぶやいた。
 その時、急に悲鳴があたりに響いた。春子がそちらに注目すると老人が倒れていて、周りに人だかりができている。春子は人をかき分け、老人の側に近寄った。
「大丈夫ですか?!」
 春子は老人の頬を叩く。
「聞こえますか?名前は?」
 老人はぐったりとして返事がない。春子は慌てて脈と呼吸を確かめた。皮膚は熱く、脈はかなり速い。
「動かさない方がいいんじゃないか?」
 不安そうに人ごみの誰かが言った。 
「私、看護士ですから。救急車呼んでください」
 側の男が慌てて携帯を取り出す。
「誰か日陰に運ぶの手伝ってください」
 春子は叫んだ。奥から青年が駆け寄った。
「どこに運びます?」
「あそこ。日陰のベンチに」
 ベンチに老人を寝かせると、春子は着衣を緩めた。そして持っていたタオルにペットボトルの水をかけ、手早く老人の首に当てる。
「救急車、すぐ来るから」
 電話をかけた男が叫ぶ。
「大丈夫ですかね」
 春子は再び老人に呼びかけた。
「おじいさん、大丈夫ですか、聞こえますか?」
 頬を一定のリズムで叩く。青年は隣でタオルを煽いでいる。老人はかすかにうめき声をあげ、うっすらと目を開けた。張り詰めていた周りの空気が少しだけ緩む。
「大丈夫ですか?名前、言えますか?」
 春子は質問を続ける。
その時、サイレンとともに救急車が到着した。救急隊員の手によって老人は手早く担架に乗せられる。周囲が見守る中、老人は救急車で運ばれて行った。
「大丈夫でしょうか」
 青年が不安そうな顔で春子に聞く。
「多分、熱中症だと思います。まあ意識が戻ったので......」
「一安心ですかね」
 春子が頷くと青年は安心したように笑った。
「看護士さんて格好いいですね。あんな風にできるなんて......尊敬します」
 青年は言う。整った顔立ちをしている。格好も派手ではないが、清潔感があった。大きな目で見つめられたので、春子は照れ臭くなった。
「仕事なので」
 春子は思わず目をそらした。そのまま頭を下げて、立ち去ろうする。その時ふいに青年が春子を引き留めた。
「あの、待って下さい」
 春子が振り向くと、青年は笑顔を浮かべた。その笑顔を、春子はどこかで見たことがある気がした。
「僕のこと分かりますか?」
 急な質問に春子は戸惑った。
「分からないですよね、突然すいません、でもまたすぐ会えると思いますから」
 では、といって青年は立ち去った。
春子はあっけにとられてしまい、何も聞くことはできなかった。
また会える?一体どこで。病院関係者かな。変なことを言う人だけど、格好良かった。
 帰り道、春子はペダルがいつもより軽い気がした。

 その後一週間たっても、青年は現われなかった。
「なんだか取り戻した?集中力」
 春子が日誌を書いていると、博美が話しかけてきた。
「考えてても仕方ないですしね」
「彼氏でもできた?」
「そんなんじゃないですけど......」
 あの事件の後、春子は康太のことを考える時間が減った。変わりに気がつけば、あの不思議な青年のことを考えている。悪い考えばかりが浮かんで、寝付けない日もいつのまにかなくなった。
 出勤してきた美香が開口一番春子に言う。
「なんか化粧、気合入ってない?」
 気のせいだよ、と春子は言う。しかしあの日、春子は調布駅で新しいグロスを買っていた。我ながら単純だな、と春子は思う。
「じゃ、お先に」
 春子は美香にカルテを渡すと、ナースステーションを後にした。

帰り道、春子は中村屋に立ち寄った。いつもの指定席へ向かう。
「こんにちは」
 後ろから声をかけられ、春子は振り向いた。そこにはあの青年が立っていた。中村屋とプリントされたエプロンを巻いている。春子はあっと息をのんだ。
「またお会いできて嬉しいです」
 青年は無邪気な顔で笑っている。
春子がいつも座る席からは、厨房がよく見える。この青年を見かけた場所は、中村屋の厨房だったのだ。
「天ざる大盛りと蕎麦豆腐でいいですか?」
 春子は顔を赤くして俯いた。
「よく食べる人って素敵ですよね」と言いながら青年が出した天ざるはいつもより2倍にもられていた。
「恋愛対象ってわけじゃないのか」
 春子は溜息をついて、出された蕎麦を綺麗に平らげた。
 春子がお会計をしていると、厨房の奥から青年が出てきた。
「これおまけです」
 青年が差し出したのは神代植物公園のチケットだった。
「なかなかいいですよ、僕よく行くんです」
 春子はチケットを受け取り、出口に向かった。
「よければ、今度ご案内します」
 春子は立ち止まる。
隣の池で何かがポチャンとはねた。木々がざわざわと揺れている。深大寺の鐘があたりを包み込むように響いた。

----------------------------------------------------------------

<著者紹介>
加藤 ひなこ(東京都杉並区 /26歳/女性/会社員)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「捨てる神と拾う神」 著者:加藤 ひなこ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://chofu.com/_mt/mt-tb.cgi/346

主催

深大寺短編恋愛小説実行委員会
深大寺恋物語公募ポスター

第13回公募、募集開始いたしました。皆さまからのご応募お待ちしております。
募集要項の内容が変わりましたので、作品を書き始める前、そして投稿前に必ずご確認ください。
→第13回公募 募集要項

Facebookはじめました

紹介作品について

ブログにて紹介させていただいております作品は、第一次審査を通過し、且つ、Wordや一太郎のデータにてご応募いただいた方の作品のみを掲載させていただいております。
掲載前には、直接メールでご連絡しております。
何卒ご了承ください。

著作権について

このブログに掲載されている文章、及び画像の無断使用、無断転載、無断流用を固く禁止します。
※作品の転載に関しては、ご本人様のみ可能です。
転載等に関してご質問がございましたら、事務局までご一報下さい。

深大寺周辺地域紹介

深大寺地域観光マップ

Facebook始めました

最近のトラックバック