<第5回応募作品>「やきものの行方」 著者: 相原 文生

 訪れるのは何年ぶりだろう。辰彦は改めて重ねられた年月を数えてみた。あえて避けてきた部分もある。辛いというより、切ない想い出の方が強いからだった。漸く気持ちも落ち着き、その気になった。
『むさし野深大寺窯』と書かれた焼き物の店の前に立ち、何気なく並べられた沢山の焼き物を見ていて、「おやっ」と思った。その一つに眼が吸い寄せられた。本焼きのほっそりした花瓶。真紅の薔薇一枝が描かれ、〈薔薇にほふはじめての夜のしらみつつ〉という句が端正な文字で添えられ、「平成二十一年三月、凛子書く」とあった。句の作者は西尾榮子。
 この句を選んだとすれば、雨宮凛子の可能性が高い。彼女は三月にここに来ていたのだろうか?もし、そうだとしたら・・。
「この花瓶はどうしてここに・・?」
 辰彦が、応対に出てきた店の男性に聞いた。
「ああこれですか・・。本焼きにして欲しい、というので、焼いたのですが、未だ引き取りに来られないもので・・」
「取りに来ると・・?」
「ええ、楽焼だと二〇分ほどで焼き上がりますけど、本焼きにすると最短三日から一週間ほどかかります。宅急便でお送りすることが多いのですが、受け取りに来たい、というお客様のご希望でしたのでね」
「なるほど・・。でも、もう五月ですよ」
「ええ・・。二ヶ月近くというのは少し遅すぎるかなあ、と」
「連絡は取られたんですか?」
「ええ、受け付けのとき、住所と電話番号をお書き頂きますのでね」
「なるほど・・?」
「連絡したのですが、現在はそこに住まわれていないみたいで・・」
「連絡が取れない・・?」
「失礼ですが、あなたはこの絵付けをされた方にお心当たりでも・・?」
「確信があるわけではありませんが、かつて、俳画に堪能で、この句に心当たりのある女性がいましてね・・」
「じゃあ、その方かも・・。タウンファッションの似会う素敵な方でした。よく覚えているんですよ。普通だと、まず店に入るのに躊躇され、絵付けも、何を書くか迷われる方が多いのですが、その方はスッと店に来られて、迷うことなくこの花瓶を選ばれ、句も絵も何の躊躇いもなく描かれたので・・」
 相当な技量の持ち主と分かった。だから、取りあえず見本として飾らせて貰っているのだ、と。凛子に間違いない、と辰彦は思った。
「なるほど。その女性が書いた住所と電話番号、もし宜しかったら見せて頂けませんか?」
「通常はお見せ出来ないのですが、連絡つかないのでは隠す意味がありませんから・・」
 店の男性は、奥から受付の書類の綴りを持って来て、その部分を見せた。
「あっ」と辰彦は声を漏らした。
「何か・・?」
「連絡が取れないはずです」
「どういう意味でしょう?」
「これ、五年程前になりますが、私が住んでいたアパートのものですから」
「何ですって・・!」
 男性は目を丸くして辰彦を見た。
「やっぱり、私が思っていた人だったようです。消息を知りたい、と思っているのですが・・残念ながら、現在の住いも連絡先も知らないのです。」
「そうでしたか・・。品物を預かっている手前、何か手懸りでもあれば、と思ってお見せしたのですが・・」
「あくまで、私の推理ですが、この女性、必ずここに来ると思うのです」
 辰彦は、そう言い、「私も絵付けしたいのですが・・」と店に並んだ大皿の中から、ふっくら厚みのある一つを選び、〈あねいもと性異なれば香水も〉と吉屋信子の句を書き、小さな香水の壜の絵を添え、ラベルの部分に「paco」と書き入れ「本焼きでお願いします」と言った。パコラバンヌのメタルは凛子が愛用していた香水だった。
「やはり、受け取りは店で・・?」
 店の男性は苦笑いしながらそう言った。
「ええ・・。さ来週の日曜受け取りに来ます。出来れば、あの花瓶と、並べて展示しておいて頂ければ有難い。お代はいくら・・?」

 牧丘涼子から妹の凛子を紹介されたとき、辰彦と凛子は同時に「アッ」と声を挙げた。
「あなた方、姉妹だったんですか・・」
「あら、お知り合いだったの?」
「ええ、まあ・・」
 涼子から都心のホテルの和食処に誘われた。辰彦は気が進まなかったが、『断るのも悪いかな』と考え直し、仕方なく来た。
 男と女に真の友情は生まれない、とは先人の言葉だが、辰彦は、涼子に友情以上のものを感じたことは無かった。逆に、凛子とは、『人生を共に歩みたい』と考えていた。
 逆に涼子は辰彦に特別の感情を抱いていたのだろう。だから、家族紹介の積りで妹を誘い、食事に招いたに違いない。それが選りによって凛子だったとは。食事会は重い雰囲気に終始した。

 凛子とは、ある絶好の行楽日和の休日、深大寺の波郷の墓の前で偶然出会い、門前の蕎麦屋の混み合う店内で、また相席になり、親しくなった。互いに句帳を手にした初心者、というのもきっかけとしてあったと思う。そこで互いの句を見せ合ったのだから。
 辰彦はサラリーマン。ギスギスした世界に生きる反動として、潤いを求め俳句を始めた。
 凛子は中堅のグラフィックデザイナー、或るデザイン事務所に勤務していたが、プラスαを求め、俳句の世界に足を踏み入れた。
 知り合ってから交際は順調だった。偶の休日には、誘い合ってあちこち吟行に出かけ、その場で二人だけの句会を催した。
 その一つ、洗足池の勝海舟夫妻の墓所の近くの公園を散策しながら、辰彦は「一緒に暮らしませんか」とプロポーズした。凛子は「嬉しい」と短く答えた。
 涼子から食事の誘いがあったのは、それから間もなくのことだった。
 俳句は『座の文芸』と言われる。辰彦は住いの近くにあった『さがみ野句会』に参加。会の幹事が涼子だった。年齢は一つ下だが、俳句の世界では、面倒見のよい先輩だった。句会では、参加者が互選した句の講評を行う。
 不思議なことに、涼子はよく辰彦の、自分では初心で拙い、と思うような句を選び、辛辣だが、的確な評を下す場面が多くあった。
「いつも拙い句を選んで頂いて恐縮です。自分でもここが、という箇所を的確に指摘して頂くので有難い」と謝辞を述べると、「フィーリングが合うのかしらね」と笑った。そんなことが重なり、親しくなったが、辰彦には『俳句の世界』での先輩、という以上の意識はなかった。一方、涼子は辰彦を真剣に愛し始めていた。凛子が、そんな涼子の気持ちを知り、悩んだのは事実だった。
 辰彦の、凛子に対する想いに変わりはなく、それを今一度確かめ合う必要を感じていた。そこで、週末の土日を利用し、凛子を秩父への一泊旅行に誘った。
「一緒に暮らしたいのは君なんだ」
 長瀞のホテルから続く遊歩道の先の潅木の森の中で、辰彦は凛子をそっと抱き締め、柔らかく接吻した。凛子の眼から涙が零れた。
 そのときだった。ふと、背後に視線を感じ、辰彦は歩いて来た道に眼をやった。そこに信じられないものを見た。涼子が、哀しみとも、怒りともつかない複雑な表情で、呆然と立ち尽くしていたのだった。
 涼子が睡眠薬自殺を遂げたのは、それから一週間後だった。
〈姉とは、父親が違う姉妹、苗字も違ったけど、それ以上に、『負けたくない』という気持ちが強かったように思う。私が俳句を始めたのもそうだし、姉が皮肉にも恋人としてあなたを紹介したのも、そう。その姉が私とあなたの関係を知り、プライドを傷つけられ、悲観して自殺した。私は恋の勝利者になった。でも、あなたとこのまま、何の躊躇いもなく結ばれるのは、許されない気がする。気持ちの整理がつくまで、考える時間を貰えないだろうか〉
 凛子はそう言って辰彦の前から姿を消した。
 あれから五年あまりが経った。
 花瓶に認めたのは二人で過した秩父の夜、凛子が口ずさんだ句だった。その凛子が、二人が初めて出会った場所に来て、その句を書き、真っ赤な薔薇を描き添えた。その行動は、心に渦巻く姉への蟠りが解け始めた証拠なのではないだろうか。真紅の薔薇は辰彦が凛子の誕生日に、ささやかなプレゼントと共に届けた花だった・・。

「あなたの予想どおり、あれから間もなく、あの方、花瓶を受け取りに見えました。それで、あなたのお書きになった絵皿を見ると、思わずニッコリ頬笑んで、『やっぱり見えたのね。忘れていなかったんだわ』とおっしゃって。来られたとき、少し暗い顔つきだったのが、パッと明るい表情をされて・・」
 こないだと同じ男性店員が言い、飾ってあった辰彦の絵皿を、丁寧に箱に収めた。
「それはよかった」
「それで・・。あなたが見えたら、これを渡してください、と言われまして」
 男性は、辰彦に封筒を手渡した。
〈待って待ってわたしの洞を血が削る〉
 小ぶりなメモ用紙に、彼女が尊敬する上野千鶴子の無季の句が書かれ、「ご迷惑でなければ、次の日曜日、初めてお会いした時間、波郷のお墓の前でお目にかかれれば幸いに存じます」との言葉が添えられていた。


----------------------------------------------------------------

<著者紹介>
相原 文生(神奈川県相模原市/70歳/男性/業界紙編集委員)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: <第5回応募作品>「やきものの行方」 著者: 相原 文生

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://chofu.com/_mt/mt-tb.cgi/301

主催

深大寺短編恋愛小説実行委員会
深大寺恋物語公募ポスター

第13回公募、募集開始いたしました。皆さまからのご応募お待ちしております。
募集要項の内容が変わりましたので、作品を書き始める前、そして投稿前に必ずご確認ください。
→第13回公募 募集要項

Facebookはじめました

紹介作品について

ブログにて紹介させていただいております作品は、第一次審査を通過し、且つ、Wordや一太郎のデータにてご応募いただいた方の作品のみを掲載させていただいております。
掲載前には、直接メールでご連絡しております。
何卒ご了承ください。

著作権について

このブログに掲載されている文章、及び画像の無断使用、無断転載、無断流用を固く禁止します。
※作品の転載に関しては、ご本人様のみ可能です。
転載等に関してご質問がございましたら、事務局までご一報下さい。

深大寺周辺地域紹介

深大寺地域観光マップ

Facebook始めました

最近のトラックバック