<第4回応募作品>「経過観察調査員」 著者: 大澤 信明

 奈良時代(ならじだい)、ある美(うつく)しい娘(むすめ)が恋(こい)に落(お)ち、生(うま)れたのが満功上人(まんくうしょうにん)です。
 この満功上人(まんくうしょうにん)が深大寺(じんだいじ)を開山(かいざん)しました。
 深大寺(じんだいじ)は今(いま)、縁結(えんむす)びの神様(かみさま)として親(した)しまれています。

「地球まであと一循環(サークル)。すべて順調です」
 経過観察調査員のサルス・F・ベリは目を覚ました。

 量子計算機のジーチ(JCN)が、予定通りの時間に冷凍睡眠から俺を起してくれたようだ。

 一循環とは、地球の時間にして約七十五時間をあらわす単位。彼らの星は連星になっており、その星がお互い一回りするのにかかる時間である。
 彼らはこの時間を三つに分けて、一循環に三回寝起きをする。地球でいう三日を一循環にまとめて生活している。
 太陽が不規則に顔を出すこの星では、光でなく連星の影を感じて二十五時間の体内時計が働いている。

 一万循環に一回、我々は地球に経過観察調査員を送っている。
 地球時間でいえば約八十五年に一回の割合だ。今回が、百九十回目の経過観察調査(190調査)となる。
 188調査では「惑星全域交流レベル」までしか進んでいなかった地球文明が、前回の189調査で「飛行可能レベル」まで文明が進んだと報告された。現在は「大気圏突破レベル」まで文明が進んでいる可能性が高い。
 不安定な核融合エネルギーを使い、自らの力で自らを滅ぼす危険がある、文明進化の最も危険な時期にさしかかっているというわけだ。
 光子変換エネルギーを実用化して、「星系突破レベル」まで文明が進み、我々が正式なコンタクトを申し込むのは、次の191調査の後という事になりそうだ。その頃には、地球の知的生命体も我々と同じように、今の十倍くらい寿命が延びているであろうか。
 無論、それまで地球の知的生命体が自滅しなければ、であるが。

 地球は175調査の時に起こったある事件によって、誰も行きたがらない調査対象惑星となったいわくつきの星だ。
 その星に、文明レベルの中で最も危険な「大気圏突破レベル」の文明期に行きたい調査員などいない。
 だから、通常三人で行われる調査が、今回は特例として俺一人になった。

 俺が地球調査に名乗りを上げたとき、同僚たちはみな驚きの声を上げた。
 特別ボーナスがそんなに欲しいのかと嫌味を言われ、あるやつには物好きだなと笑われもした。
 お前の勇気は尊敬するが、頼むから無事帰ってこいよ、と本気で心配してくれるやつもいた。

 しかし、そんな忠告には意味がない。俺が今回この星に行く理由。それは、一人でこの星を調査できるからだ。

 俺は、175調査の時に起こった事件の真相を、ずっと追い求めてきた。フークマという上級調査員の失踪事件がなぜ起きたのか。
 通常の三人チームで行けば、勝手にこの「フークマの謎」を調べる事などできない。一人で行けるからこそ、この星へ行く意味があるのだ。
 だから、八十五年前の189調査にも応募せずに、その調査結果を精査するに留めた。今まで行われた調査結果は、すべて頭に入っている。特に、問題の175調査の結果は、暗記するほど検証している。


「ライラ、フークマは見つかったか?」
 175調査隊長カイマはライラ調査員に声をかけた。
「だめ、何の手掛かりもないわ」
「そうか、あいつはこの座標4282―182周辺にはもういないのか。どこに消えちまったのだ、まったく」
 カイマは一瞬考え、ライラに言った。
「とりあえず船に戻ろう」
 二人は、雑木林が広がる丘の上に浮遊している船に戻り、船の中を再び調べる事にした。船には、フークマの探査スーツや通信装置などが残されていた。
「あいつは何で、探査スーツを置いて外に出たのだ」
 隊長のカイマは、ライラに苛立ちをぶつけるように聞いた。
「この星の高知能生命体は我々とDNA的に非常に近いから、探査スーツを着て姿を消さなくても、不審に思われる事はないと思うけど」
 ライラは、カイマを見ずにそう答えた。
「だからって、現地知的生命体に姿を見せるのは観察規則違反だぞ。そのうえ武器カプセルも持たず、持って出たカプセルは言語補助と医療補助、後は浮遊装置の三つが入った箱だけだ」
 カイマには理解できない事だらけだ。
 ライラとカイマが船外調査を行い船に戻ってくると、船内待機しているはずのフークマは姿を消していた。
「ジーチ、フークマは外に出る前、ただその湧水のあたりを映しているモニターを見ていただけなのだな。」
 船の量子計算機に向かい、カイマは問いかけた。
「間違いありません」
 量子計算機の答えは、常に簡潔である。


 銀河系の端にある、地球という辺鄙な星を有名にしたのは、175調査のとき、調査員が一人行方不明になったからだ。
 その上級調査員だった男の名から、その失踪事件は、「フークマの謎」と言われている。

 地球時間の千三百年前に行方不明になった、俺の「じいさん」にあたるフークマ失踪の理由を知ることが、190経過観察調査の本当の目的だ。
 俺がフークマの孫だって事はずっと秘密にしてきた。
 俺の母親が生まれる前に消えた男フークマ。
 「ばあさん」は、自分の生んだ子がフークマの子供だとは誰にも言わずに娘を育てた。父親のフークマ自身も、その事を知ることなく姿を消した。
 「ばあさん」は俺にだけ、その秘密を教えてくれたのだ。
 
 事故でもなく、最優秀の調査員が煙のように姿を消した。調査員の間では伝説となっている謎だ。
 「地球人と話をする、ケガを治す、空を飛ぶ」この三つの事ができるカプセルを持ってフークマは姿を消した。
 この謎は俺が解いてみせる。
 「ばあさん」は「じいさん」の謎を解けるのは俺しかいないと信じて、教えてくれたんだからな。
 いなくなった「じいさん」に、お前が一番似ていると言って笑っていた「ばあさん」の願い、俺が叶えてみせるぜ。

 今から約六百年前の183調査の報告によると、その時フークマ達の船が停船した丘は深大寺城という城になっている。
 とりあえず、その城の近くに船を隠して調査をする事にしよう。
「ジーチ、地球座標4282―182へ向かってくれ」
 サルス・F・ベリは量子計算機に指示を出すと,「フークマの謎」に思いをめぐらせた。

 福満(ふくまん)とある豪族(ごうぞく)の美(うつく)しい娘(むすめ)が恋(こい)に落(お)ちました。
 娘(むすめ)が、湧水(わきみず)を汲(く)むとき足(あし)を滑(すべ)らせ大(おお)ケガをしたところを助(たす)けてくれたのが、医者(いしゃ)の福満(ふくまん)でした。
 娘(むすめ)の両親(りょうしん)は、どこの馬(うま)の骨(ほね)ともわからない渡来人(とらいじん)の福満(ふくまん)には娘(むすめ)をやれないと、二人(ふたり)の仲(なか)はさかれました。
 娘(むすめ)は湖(みずうみ)の小島(こじま)に連(つ)れて行(い)かれ、二人(ふたり)は会(あ)う事(こと)ができなくなってしまいました。 しかし、福満(ふくまん)は霊亀(れいき)の背(せ)に乗(の)り、島(しま)へ渡(わた)りました。 
その事(こと)を知(し)った娘(むすめ)の両親(りょうしん)は、福(ふく)満(まん)の不思議(ふしぎ)な力(ちから)に驚(おどろ)き、これはきっと深沙大王(じんじゃだいおう)さまのご加護(かご)だと、二人(ふたり)の結婚(けっこん)を認(みと)めました。
 深大寺(じんだいじ)を開山(かいざん)した満功上人(まんくうしょうにん)は、この二人(ふたり)の息子(むすこ)です。

 

----------------------------------------------------------------
 
<著者紹介>
大澤 信明(東京都世田谷区)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: <第4回応募作品>「経過観察調査員」 著者: 大澤 信明

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://chofu.com/_mt/mt-tb.cgi/261

主催

深大寺短編恋愛小説実行委員会
深大寺恋物語公募ポスター

第13回公募、募集開始いたしました。皆さまからのご応募お待ちしております。
募集要項の内容が変わりましたので、作品を書き始める前、そして投稿前に必ずご確認ください。
→第13回公募 募集要項

Facebookはじめました

紹介作品について

ブログにて紹介させていただいております作品は、第一次審査を通過し、且つ、Wordや一太郎のデータにてご応募いただいた方の作品のみを掲載させていただいております。
掲載前には、直接メールでご連絡しております。
何卒ご了承ください。

著作権について

このブログに掲載されている文章、及び画像の無断使用、無断転載、無断流用を固く禁止します。
※作品の転載に関しては、ご本人様のみ可能です。
転載等に関してご質問がございましたら、事務局までご一報下さい。

深大寺周辺地域紹介

深大寺地域観光マップ

Facebook始めました

最近のトラックバック