<第4回応募作品>「ソバとショカ」 著者: 松岡 由希子

「もりそば二丁!」
「かけ大盛り、ざる一杯、入ります」
僕はひたすら、蕎麦を湯に入れる。、蕎麦のストックもなくなってきた。隣の作業場で親方が打った蕎麦を調理場に移す。只今、木曜日の午後十二時十五分。深大寺の参拝客が昼食にやってくる佳境の時間。息つく暇もなく、蕎麦を湯に入れ、茹で上がったものを次々と食器に盛っていく。
「もりそば、お願いします!」
店にいるおかみさんに僕が声をかけると、もりそばを両手に抱えながら、
「ごめん。テラス席の食器、片付けに行ってくれる?私、ちょっと手が回らないのよ。」
おかみさんもてんてこ舞いだ。僕は調理場から出て、テラス席のテーブルを片付けていた。
「あの、すみません。ここいいですか?」
後ろから声が聞こえた。
「どうぞ。今、片付けます。」
そう言って僕が振り返ると、若い女性が立っていた。長い黒髪をきちっと束ね、色白で小顔な細身の女性。僕はその女性の凜とした美しさにしばし我を忘れたが、次の瞬間、何もなかったかのように、彼女が座るテーブルを片付けた。
「今、お水とメニュー、お持ちします。」
「メニューは結構です。もりそば、いただけますか?」
「承知しました。冷たいお水、今、持ってきます。」
僕は店に戻り、彼女の水をコップに入れる。普段の接客と同じことをしているはずなのに、なぜかどきどきする。僕はグラスの水を彼女のテーブルに運び、調理場に戻った。次々入ってくる注文のことは上の空。気がつくと、僕はデッキ席の彼女を眺めていた。
 只今午後二時三十分。蕎麦屋の嵐のようなランチタイムが終わり、休憩に入るのはいつもこの時間。僕は、深大寺の境内のベンチに座り、缶コーヒーを一口飲むと、広く多い茂った緑を眺め、大きく息を吸った。ここにくると、心が穏やかになり、自然と活力が蘇る。僕のいつもの休憩タイム。そのとき、少し離れた隣のベンチに、誰かが座る気配を感じた。さっき、蕎麦屋のデッキ席でもりそばを食べていた女性、凜とした美しさに僕が一瞬心を奪われたあの女性が、隣のベンチに座っていた。僕は勇気を振り絞って声をかけた。
「先ほどは、どうも」
彼女は一瞬、ぽかんとして僕を見ていたが、
「あ、さっきのお蕎麦屋さん?こちらこそ、ごちそうさまでした。もりそば、美味しかったです。」
彼女は笑顔で答えてくれた。
「今まで拝観ですか?」
「いえ、写経教室です」
シャキョウ?僕は意外なワードに一瞬、面食らった。
「写経だなんて、渋いですよね。でも、はじめてみたら、すごくはまっちゃって。お経の文字をただ書いていくだけなんですけど、癒されるというか、落ち着くというか。」
彼女は笑って言った。
「じゃあ、僕が毎日ここでこうやってぼーっとしているのと、同じようなものですね。」
僕は笑い返した。
「僕はここに来ると落ち着くんです。田舎を思い出します」
「田舎?」
「長野です。戸隠っていう蕎麦の産地で、僕の実家、蕎麦の実を作ってるんです」
僕は聞かれてもいないのに、無意識のうちに自分のことを話していた。
「長野は、空気も水もきれいです。だから、美味しいそばが獲れるんです。実家の蕎麦もうまいんですよ。あの蕎麦屋に実家の蕎麦を入れさせてもらっていて、そのツテで、僕は三年前からあの店で蕎麦の修行を。」
「素敵ですね。きっと立派な蕎麦職人になられますよ。」
そう話す彼女の横顔は、凜として、優しくて、美しい。
「そろそろ行かなくちゃ。」
彼女の声でふと我に返る。彼女とは、こんな風に偶然に会うことなど、もうないかもしれない。
「写経教室にはしょっちゅう来られているんですか?」
僕は冷静を装いながら、次、彼女と会う機会を探る。
「ええ。写経教室は毎週木曜、やっているんです。私もしばらく通ってみようかなって。」
「だったら、また、うちの蕎麦、食べにきてください。」
僕は必死だ。
「もちろん。あのお蕎麦、本当に美味しかったですもの。また伺います。」
彼女は微笑んで、去っていった。
 僕は、その後ずっと、あのときの彼女の横顔が忘れられなかった。正確に言うと、どんな顔立ちだったのかはぼんやりとしか覚えていない。ただ、あの凜とした美しさは僕に強烈なインパクトを残しており、気がつくと、そんな彼女の面影を自分の心に刻もうとしているのだ。
「最近、なんだかぼーっとしているね。好きな女の子でもできたのかい?」
蕎麦屋のおかみさんにも冷やかされっぱなしだ。僕は、写経教室があるという次の木曜日が待ちきれなかった。彼女にもう一度会いたい。名前も、歳も、どこに住んでいるのか、何をやっているのかも知らない彼女に。しかし、次の木曜日も、その次の木曜日も、彼女は僕の前に現れなかった。
 彼女と初めて会ったあの日以来、もう1ヶ月近くが過ぎようとしている。最近の僕は、すっかりあきらめモードだ。そんなある日の正午すぎ、蕎麦屋はいつものとおり、お客さんでごったがえしていた。
「ごめん。デッキのテーブル、片付けてきておくれ」
おかみさんに言われ、彼女が初めて店に来たときと同じように、僕はテーブルを拭いていた。
「すみません。ここ、いいですか?」
僕の背中越しに、かすかに覚えのある声が聞こえる。振り返ると、そこには、凜とした美しい彼女がいた。
「あの、ここ、いいですか?」
呆然として何も返事をしない僕に、彼女はもう一度、そう言った。
「あ、どうぞ。」
やっと我に返った僕に、彼女は少し笑かけながら、こう言った。
「もりそば、お願いします。」
僕は調理場に戻ってからも、興奮気味だった。
これは現実なのか?あの女性が彼女だとして、僕のことを覚えているだろうか?彼女とまた会えた興奮と同時に、たくさんの不安が僕の頭をよぎる。しばらくしてデッキに目をやると、彼女は、自分がオーダーしたもりそばを美味しそうに食べている。僕はそんな彼女をしばらく見つめ、やっと意を決した。今だ、今しかない。
 もりそばを食べている彼女のもとへ、僕はつかつかと歩いていった。
「あの・・!!」
僕の唐突過ぎる声は、店中に聞こえるくらい大きかった。彼女の箸は蕎麦を口に運ぶ手前で止まっており、面食らった顔で僕を見上げている。
「あ、すみません、お食事中なのに。」
僕は、恥ずかしさで、頭は真っ白、顔は真っ赤だ。すると、彼女は、
「また、もりそば、食べにきちゃいました」
茶目っ気たっぷりに笑った。僕のことを覚えていてくれたのだ。うれしさと安堵で、僕のひざは崩れそうだ。一息ついて、少し落ち着こう。僕は大きく息を吸って、こう言った。
「僕、2時半に、境内のベンチで待ってます。前、お会いした、あの場所で。」
緊張でパニック気味の僕を見る彼女は笑顔だった。
「はい。写経教室が終わったら、立ち寄りますね」
 只今、午後二時二十五分。境内のベンチで、いつもの缶コーヒーを片手に、僕はかなり舞い上がっている。
「お待たせしました。」
僕の背中からあの声がした。彼女だ。僕は、平静を装って、こういった。
「しばらくお会いしていませんでしたよね。」
「写経教室、さぼっちゃってましたから。仕事でニューヨークとロンドンに。個展をやっていたもので。私、これでも一応、書家の卵なんです。」
ニューヨーク?ロンドン?ショカ?
僕と彼女は別世界だ。蕎麦屋の修行小僧とショカでは、格が違いすぎる。
「なんか、すごいですね。すごすぎて、僕にはよくわからない世界です。」
ショックさめやらない僕は、やっとその一言を発する。すると、
「私にもぜんぜんわからない世界です。」
彼女はいたずらっぽく笑った。
「写経のほうがずっと楽しいです。何も考えずにただ文字と向き合えるのが。だから、日本に帰ったら、真っ先にお蕎麦を食べて、写経に行こうって。それだけを楽しみに、仕事してたんですよ。」
彼女の笑顔が、僕にはまぶしくて、うれしくて、愛おしくてたまらない。もっと彼女のことを知りたい。僕のことも知ってほしい。そんな感情がどんどん湧いてくる。
 そのとき、僕は、はっきりわかった。僕は、彼女に恋をした。

----------------------------------------------------------------
 
<著者紹介>
松岡 由希子(東京都世田谷区/35歳/女性/自由業)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: <第4回応募作品>「ソバとショカ」 著者: 松岡 由希子

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://chofu.com/_mt/mt-tb.cgi/260

主催

深大寺短編恋愛小説実行委員会
深大寺恋物語公募ポスター

第13回公募、募集開始いたしました。皆さまからのご応募お待ちしております。
募集要項の内容が変わりましたので、作品を書き始める前、そして投稿前に必ずご確認ください。
→第13回公募 募集要項

Facebookはじめました

紹介作品について

ブログにて紹介させていただいております作品は、第一次審査を通過し、且つ、Wordや一太郎のデータにてご応募いただいた方の作品のみを掲載させていただいております。
掲載前には、直接メールでご連絡しております。
何卒ご了承ください。

著作権について

このブログに掲載されている文章、及び画像の無断使用、無断転載、無断流用を固く禁止します。
※作品の転載に関しては、ご本人様のみ可能です。
転載等に関してご質問がございましたら、事務局までご一報下さい。

深大寺周辺地域紹介

深大寺地域観光マップ

Facebook始めました

最近のトラックバック