<第4回応募作品>「彼女はそこにいた」 著者:Saki

十年ぶりの深大寺だるま市。ぼくは、境内に続く山門に立ち、深く息を吸った。梅の花が香ってくる。右手にだるま、左手は恋人のアイの手とつないでいる。ぼくたちはこの秋、結婚する予定だ。
今日はだるまの右目に、梵字で「吽(うん)」を入れてもらうために来た。ほんとうの恋の成就。その願いが叶ったから。左目には、十年前に書き入れてもらった「阿(あ)」の字が入っている。本堂奥の元三大師堂に足を向けながら、十年前を思い出していた。アイと出会う前の、ぼくが二十歳だったときのこと。今でも時々思う。あれは、現実だったのだろうか。

彼女はそこにいた。
新宿の雑踏に立ち続ける彼女を初めて見たのは、東京に出てきてほどなくだった。
彼女のまわりだけ、時間も季節も止まっていた。いつの時代のものなのかわからない、枯れ草もようの薄緑と茶色のストールを細身の体にきっちりとまきつけ、自分を抱きしめるようにきつく両ひじをつかんで、うつむいて、でも毅然と立っていた。
年齢もわからなかった。肩までのまっすぐな髪に、よく見ると老婆にも、少女のようにも見える、時代錯誤な眉山のきりりとした化粧をして、はかなげな目が孤独を湛えていた。
 ストールのせいでなのか、いつでも彼女のまわりにだけ晩秋の空気が漂っていて、見ているとたまらない淋しさがこみ上げた。
東京に出てきて二年、大学生活にも慣れてきた三月だった。
「あっ、またいた」
合コンに急ぐ駅の地下道で、テニスサークル仲間のシュウがささやいた。彼女だ。
「ああ、あの人、いつもあそこにいるよな」
「知らねえのか?有名な話。あれ、売春婦らしいってウワサだぜ」
シュウはニヤリとして言った。
「あそこで立って、客待ちしてるらしい。なんか怖ええよな」
「ふーん」
 なごり雪が降ったばかりだったけど、さらに冷え込んできた気がして、ぼくは足を早めた。
 東京に出て下宿生活を始めれば、たちまちカノジョができて、とバラ色の学生生活を想像していたのに、恋愛しても一ヶ月も続かない。仲間には、ドライで冷たい男だといわれてるらしい。最近はもう、合コンに行ってもひたすら飲んでばっかりだ。
「...ねえ、飲みすぎたの」
肩をゆすられて気づいた。地下道で寝転がっていたらしい。心地よいアルトの声の主をさがす。「彼女」だ。やっぱり、間近で見てもトシがよく分からないな。
「大都市は冥界よ」
酔っ払ってるのに、その奇妙なフレーズはぼくの頭にハッキリと焼きついた。それで、なんとなく聞いてしまった。
「あの、なんでいつもここにいるんすか」
「人を、待ってるの」
「誰を?」
「婚約者よ。約束したの。待ち合わせ」
「待ち合わせ?」
「深大寺に行くの。調布の」
彼女は夢みるように言った。
「なかなか来てくれなくて、待ちくたびれたわ。ねえ、明日、一緒に深大寺に行ってくれない?だるま市があるの」
「ああ、いいっすよ」
なぜそう答えてしまったのかよく分からないままに、翌朝地下道に行ってみると、彼女はきりっと立っていて、こっちを見た。
「行きましょう」
あ、やっぱホントだったか。シュウの言葉が頭をよぎったけど、ぼくは彼女について歩きだした。売春婦だろうと何だろうと構わない。彼女には何かがある。そう感じたのだ。
「ずっと、待ってた」
電車の窓から外を見ながら、彼女はつぶやく。
「深大寺は、婚約者の故郷なの」
複雑な事情でもあるんだろうか。いろいろ突っ込んでみたくなったけど、彼女の目が潤んでいるような気がして黙った。
 だるまを並べた屋台と人だかりでにぎわう深大寺の境内を、彼女は、ゆっくりと歩いた。ひとつ、ひとつの木を見上げ、雪どけの空気を、ていねいに呼吸しているようだった。
「ずっとここに来たかったの。ここから歩いてすぐの小さい家で、新婚生活を送るはずだった。新宿駅で待ち合わせしてたの」
「ふーん」
来なかったってことは、ダマされてたんじゃねえの?内心そう思いながら、相槌を打つ。
「彼は、帝都東京の空を守ってた」
吹き出しそうになった。なんだよ、「帝都」って。「空を守る」、って。戦闘アニメか?
「調布の飛行場に配備されていた。B29から故郷や家族、そして私を守るんだって、張り切ってた。休暇で帰ってくるはずだったのに、もう六十年近くも過ぎてしまった」
「ハ?」
ぎょっとして立ち止まった。B29、って戦争中の話じゃないか。だいたい「六十年」て、待ち合わせに遅れたとかいうレベルの話じゃないだろ。彼女のアタマは確かなのか?
「ここはね、恋がかなうところ。時代を超える、本物の恋よ。...ね、思い出して」
彼女は正気じゃない、と考えるのが普通だろう。なのに...、今日ここに来たのは、酒のせいだけじゃない。どこかでわかっていた。  
―最初からぼくは、彼女がなつかしかった。とても。
「私は昭和二十年の三月三日、あなたが来るのをずっと待っていた。待ち続けたまんま、新宿駅は三月十日の東京大空襲で焼け落ちた。でも、いつか必ず来てくれると思ってた」
 ぼくは小さいときから飛行機が恐怖だ。おそらく一生、乗ることはないだろう。そう言うと、彼女はうなずいた。
「あなたが乗った『飛燕』は、墜落してたのね。だから待ち合わせに来られなかった。生まれ変わったあなたを新宿の地下道で見つけたとき、分かったの」
「飛燕」とは、第二次世界大戦中に調布飛行場に配備されていた、日本陸軍航空部隊の戦闘機だ。東京上空に来襲したB29に体当たりして撃墜することもあったという。彼女はそう説明してくれた。
「うん、そうだ。行けなくてごめん」
半ば呆然としながらも、冷静なぼく。
歩き疲れたので、山門を出てすぐの門前そばの店に入った。彼女はぼくを見て笑った。
「ねえ、私のこと、不気味だと思う?」
「あ、いや」
彼女に足はあるな。体も透けてないな。なんてことを考えていたので、ドキっとする。おいしそうにそばをすする彼女は、どうみても生身の人間だ。あいかわらず、不思議な空気をまとっているものの。
「『人間が存在すること』なんて、不確かなものよ。私はずうっと、あなたを待ってた。ほんとは、途中から生きてなかったのかもしれないけど。でもね、雑踏の中の人たちの、誰が現実に存在していて、誰が存在していないのかなんて、証明できる?」
 迎え酒の地ビールを飲み干して店を出、ぼくは店の目の前の、湧き水の淵にしゃがんだ。不意に涙がにじんだ。ここに来るために。ここに来るために、長い旅をしてきた。そんな気がしたからだ。
「焼け野原だったことも、今の東京のネオンも、一瞬の幻。私にとって確かで変わらないのは、このお寺だけ」
雪どけの清涼な空気は、キラキラと澄んでいる。彼女の目は、穏やかだった。
「私はあなたと、戦前のだるま市で出会ったの。お互い両親に連れられて。私はお化粧して、下駄はいて。出会ったときから、あなたに恋をしてた。あの頃はそんなふうにして、ここでたくさんの夫婦が生まれたのよ」
彼女は、屋台のだるまを検分しはじめた。
「左目に『阿(あ)』の字を入れておくから、いつか願いが叶ったら、必ず右目に『吽(うん)』の字を入れに来て」
ぼくに手渡した。
「ねえ、ここにまつられている深沙大王という神様はね、姿はとっても怖いんだけど」
彼女は童女のようにほほ笑んだ。
「引き裂かれた恋人たちを再び引き合わせる手助けをする、やさしい恋の神様なのよ」
「確かに、そうかもしれないな」
ぼくはうなずいた。彼女は近づいてきて、ふわりとぼくを抱きしめた。深いやすらぎが、ぼくを包んだ。
「もう、行くわ。これからあなたは、ちゃんと恋ができる。多分、飛行機も怖くなくなる」
「あの」
行かないでほしい。声が震えた。
「あなたは、幸福でしたか?」
「そうね。ほんとは悔しい。とても、ことばでいい表すことはできない」
白目が青く見えるほど、透んだ瞳だった。
「それでもね、愛し続けた時間が、確かに私の人生だったのよ」

だるまの左目に「吽(うん)」を書き入れながら、僧侶はつかの間、ぼくを見つめた。いつもふざけてばかりのアイも、神妙に受け取る。
「いつかさ、ここの近くに、小さな家を建てよう」
「うん、私もこういう緑の多いところがいい」
アイは、微笑みながら続けた。
「大都市は、冥界だから」
思わず足を止めたぼくの手を、アイは強く握った。伝わってくる、あたたかな脈動。
「彼女」はあの日山門で、ぼくに笑顔で手を振った。そしてそれきり、今日まで一度も見たことはない。

-----------------------------------------------------------------
 
<著者紹介>
Saki(東京都板橋区/32歳/女性/会社員)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: <第4回応募作品>「彼女はそこにいた」 著者:Saki

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://chofu.com/_mt/mt-tb.cgi/251

主催

深大寺短編恋愛小説実行委員会
深大寺恋物語公募ポスター

第13回公募、募集開始いたしました。皆さまからのご応募お待ちしております。
募集要項の内容が変わりましたので、作品を書き始める前、そして投稿前に必ずご確認ください。
→第13回公募 募集要項

Facebookはじめました

紹介作品について

ブログにて紹介させていただいております作品は、第一次審査を通過し、且つ、Wordや一太郎のデータにてご応募いただいた方の作品のみを掲載させていただいております。
掲載前には、直接メールでご連絡しております。
何卒ご了承ください。

著作権について

このブログに掲載されている文章、及び画像の無断使用、無断転載、無断流用を固く禁止します。
※作品の転載に関しては、ご本人様のみ可能です。
転載等に関してご質問がございましたら、事務局までご一報下さい。

深大寺周辺地域紹介

深大寺地域観光マップ

Facebook始めました

最近のトラックバック