<第3回応募作品>「メロディ」 著者: 四季

 思い出すのは、森の中の、彼女のメロディ。

 空港という場所は、昔から好きだった。
 どこへだっていけるという開放感と、ここから全世界へ繋がっているのだという一体感。
 僕が、二番目に自由を感じる場所だ。
 そう、二番目に。

『私たち、自由だもの』
かつて僕にそう言った彼女こそ、自由の代名詞のような女の子だった。
 機内で、フライトのアナウンスが流れる。
 彼女を思い出して、自然と僕は口角が上がるのを自覚する。
 今から、飛行機が僕を乗せて大空へ飛び立つのだ。
 最も自由な、彼女のもとへ。


 深大寺という場所がある。
 深い森に覆われた、縁結びで有名なお寺だ。
 周辺には、季節の花々が美しく咲き乱れる神代植物公園や、名物の蕎麦屋がある。
 春という名の彼女は、ひたすら深大寺というこの場所を好んだ。
 ことあるごとに、僕は春に連れてこられた。
 僕はそれが嫌いじゃなかったし、むしろ恋人としての役割なのだと思っていた。
 春は、僕が恋をした女の子だった。

 その日曜日。
 高校が休みの僕は、思う存分ベッドで惰眠を貪っていた。期末テストも終わって、大分気が緩んでいたのだと思う。夏休み目前のその日、春からの着信で昼過ぎに目が覚めた。
 『もしもし、アキヒロ?』
 「...うん」
 『寝起きだった?』
 「うん」
 『そりゃ悪いことした』
 春は、電話の向こうで笑った。
 『今から、出てこない?』
 春の透き通った声に、僕は条件反射のように「いいよ」と答えていた。
 僕はまたこの日も、深大寺へと足を運ぶことになった。

 馴染みの蕎麦屋の中に、やはり春はいた。
 僕は、窓の外から、彼女に見えるように、大きく手を振った。
 春は僕に気づいて席を立ち、会計を済ませて外へと出てきた。
 「蕎麦ばっかりで、飽きない?」
 「だっておいしいものは何回食べてもおいしいのよ」
 満面の笑みで、春は答えた。
「それで、春。
今日は何するの?土産物屋めぐり?それとも植物公園?」
「今日はね...」
春は、まっすぐ指を指した。
 道の先へ向かって。
「お参り。
 たまには本堂に行かないと」
 決定権はすべて春にある。
 僕は苦笑してうなずき、彼女と一緒に歩き出した。

 ―僕が春と知り合ったのは、中学3年のとき。クラス替えで、偶然同じ教室、席は隣になったのだ。
 はじめは、ずいぶんきれいな子だなあと思っていた。アーモンドの形をした目も、日に焼けてミルクティ色になった髪も。
 「これからよろしくね」
 それが、僕らが初めて交わした言葉。
だけど春は、あまり学校には来なかった。今に始まったことではないらしい。
 クラスメイトにいじめられていたわけではない(むしろ、明るくてきれいな春は人気者だった)。
 春は、基本的に束縛が嫌いだった。
 学校という場が、あまり好みではなかったようだ。自由を、ひたすら求めていた。
 それでも特に問題にならなかったのは、春の成績が抜群に良かったからだ。
 春は、何でも器用にこなした。
 難解な数式も、
 複雑な世界共通語も、
 跳び箱も裁縫も料理だって。
 僕は、そんな春にただ圧倒されていた。
 春は、みんなが知らないこと、学校では教えてくれないことも知っていた。
 「アキヒロ。どうして葉っぱの色は緑色なんだと思う?」
 「葉の色?」
 僕には分からなかった。
 彼女がなぜそんなことを言い出したのかも、なぜ葉の色は緑なのかも。
 「緑だから緑なんじゃないの?
 理由なんてあるのかな」
 そういうと、春は笑って、僕の肩に手を伸ばした。
 きっと、外掃除の時間にくっついてきたんだと思う。そこには一枚緑の葉があって、春はそれを手で遊ばせた。
 「答えはね、光と色の関係。
 色ってほら、数え切れないくらいいっぱいあるでしょう?太陽の光って、そのいくつもの色を含んだ光なの。
 葉っぱは、そのお日様の光の中でも、緑以外の色が好きなのよ」
 「緑以外の色?」
 僕は、おうむ返しに聞いた。
 「そう、緑色だけが、葉っぱは嫌いなの。
 だから、他の色は吸収して、緑色だけ撥ね返すのよ。その撥ね返された色が、私たちの目にはきれいな緑色として映っているの」
 本当は、一番苦手な色なのに。でも、すてきなアイロニーよねと春は言った。
 僕は、そして幸せそうに笑った春にぼうっと見とれてしまった。
 きっと、この瞬間からだと思う。
 僕が本格的に春に恋したのは。
 春がいない日、ぼんやりと春の机を眺めるようになったのは。
 
 
 「さっき、少しだけ植物公園に行ったの」
 屈託なく、春は笑いながら話す。
 本道への、緑に囲まれた初夏の道を、僕らは歩いていた。
 「バラがいっぱい咲いていたわ。
 香りと存在感がすごくて、くしゃみしちゃった」
 「花の匂いでむせて咳き込むのは、花に対して失礼じゃない?」
 「そこはこらえたわ。くしゃみだけ。
 ご安心あれ!
 だけど、一瞬、時間を忘れた。花の魅力はすごいわね」
 僕らは、何度このやり取りを繰り返しただろう。
 僕らが付き合う前から、春は深大寺へきていたようだ。多分、学校へ来なかった日、大抵の行き先はここだろう。
 日がな一日、緑の中でゆっくり読書をしたり、花々の写生をしたり、あるいは鼻歌を歌いながら散歩したり。
 
だけど、なんだか今日の春はいつもと違う気がした。なんとなく。

「春、なにかあったの?」
そもそも、本堂へ行くこと自体が珍しい。
本堂へ行こうとしたのは、僕らの高校受験の願掛け一回きりだ(といっても、春は優秀だから問題なかった。春と一緒の高校に行きたくて、必死で願掛けしたのは僕だ。その願いは、叶った)。
春は、笑った。
 だけどその笑顔は、今まで春が見せたことのないような、くすんだ笑顔だった。
 「さて」
 そして春は、口笛を吹き始めた。


 ―春が好きなのだと告げた日、彼女は僕を深大寺まで連れてきた。
 「私、いつもここに来るの」
 春は僕の手を引っ張り、緑の道を進んだ。
 僕は何が何だか分からなくて、春になされるがまま、ここへ来た。
 「緑がね、好きなの。
 ここにいると、森の海で泳いでるみたいじゃない?」
 その言葉が、また僕の胸を振るわせる。
 春は、学校ではなく、この森で学んだことの方が、きっと多いのだろう。
 「分かる気がするよ」と僕も言った。
 春は足を止め、振り返る。
 その眼差しに、射抜かれる。
「私がここに来たいって言ったときは、一緒に来てくれる?」
 僕は一瞬言葉を忘れた。
 けれど、あわてて「喜んで」と言った。
 春は、満足そうに微笑む。
 回らない頭で、これも縁結びの神様の力なのかななんて、僕は考えていた。


 春は、口笛を吹いた。
 でたらめなのか、それともこういう曲調なのか、僕にはいまいちよく分からない。
 だけど、とてもきれいに春は口笛を吹く。
 まるで子守唄のような、そのメロディに聴き惚れてしまう。
 だけど、メロディが、止んだ。

 「―告白します。
 私ね、来月から海外に行くことになっちゃったの」
 瞬間に、春は僕にそう告げた。
 「え?」
 「父親がね、ボストンで研究するんだって。
 社会学の教授をやってるんだけどね、うちの父さん。
 家族ぐるみで、日本を出ることになっちゃった」
 驚いた?と、春は僕の顔を覗き込んだ。
 「お別れになっちゃうね、アキヒロ」

 目の前が、真っ暗になった気がした。
 混乱と、めまい。
 言葉が、出てこなかった。
 分からない。
 引き止めるべきなのかも、笑顔で見送るべきなのかも、冗談だろそんなのと言って笑えばいいのかも。
 だけど春はそんな冗談はつかない。
 悲しいことに、そんな冗談はつかないんだ。

 「アキヒロ」
 春は、また笑った。今にも泣き出しそうに。
「私、笑ってお別れしたいわ」

 春は、もう決めてしまっていたようだ。
 ボストンへ行くことも、今日別れを切り出すことも。
 「どうして...」
 ―日本に残らないの?
 ―僕と一緒に暮らせばいいじゃない。
 ―いきなり言われて、笑って別れろという方が無理だ。
 搾り出された言葉でさえも、その先が紡げなかった。
 (縁結びの神様なんて嘘だ。
 だって、僕らの関係は今、この場で終わりを告げようとしている。)
 僕の心は、そう叫んで。
 そして。
 ―メロディが、流れた。
 僕は、思い頭を上げた。
 それは、春の口笛だった。
 いつだって。
 そう、いつだって、春は自由だ。
 自由な春は今、遠いボストンへ行こうとしている。
 僕を置いて。
 僕は、ボストンがどんなところだか分からない。今は、想像もできない。
 怖かった。春に、置いていかれることが。
 だけど、あんまりにも春の口笛が優しくてきれいで。
 僕はいつの間にか、飲み込まれるように春のメロディに聴き入っていた。
 アップ、スロー、スロー、アップ...
 曲のテンポが、まるで不規則で、自由そのものの春のようだった。
 ふと、視界が開けたと思ったら、そこは本堂の前だった。
 通り過ぎる人々が、春と僕とに目を留めていた。
 そうして、曲が、終わった。

 親子連れの小さい女の子が、ぱちぱちと小さな拍手を送ってくれて、春は照れたように笑った。
 「春。それ、なんの曲?」
 僕は、いまさら春に聞いた。
 春は、ふんわり笑って、
「覚えておいてね。私の好きな曲」
―リフレイン―
再び、その曲を奏でた。
「シューベルトよ」
本堂の前で不謹慎だとは思うけれど、自由な春は気にしない。
日に焼けたミルクティ色の髪が、口笛が、風に溶ける。
 「覚えていてね」
 春の声とメロディだけが、僕の耳の奥へ残響する。
 きっと、ボストンという遠い土地でも、春と、このメロディは変わらないんだろう。
 「春」
 心が震えた。
 鼓膜よりも確かに。

 「僕が、会いにいく」
口笛を奏でる春に、僕は誓った。
 縁結びの神様。あなたの手さえも、春がすり抜けてしまうというのなら、僕が追いかければいい。
 自由で、それゆえに孤独な春を。
 僕は、春と同じものを見て、同じものを感じたいと願ったのだから。
 だったら僕もボストンへと旅立てばいい。
「きっと追いつくから。
 ボストンに、会いに行くからね」
 春は、泣きそうな笑顔でうなずく。
ままならない僕の恋人は、そうしてやっと、口笛に隠れて「ありがとう」と囁いた。

(了)
 
-------------------------------------------------------------------------------------------
 
<著者紹介>
四季(東京都調布市/22歳/女性/会社員)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: <第3回応募作品>「メロディ」 著者: 四季

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://chofu.com/_mt/mt-tb.cgi/188

主催

深大寺短編恋愛小説実行委員会
深大寺恋物語公募ポスター

第13回公募、募集開始いたしました。皆さまからのご応募お待ちしております。
募集要項の内容が変わりましたので、作品を書き始める前、そして投稿前に必ずご確認ください。
→第13回公募 募集要項

Facebookはじめました

紹介作品について

ブログにて紹介させていただいております作品は、第一次審査を通過し、且つ、Wordや一太郎のデータにてご応募いただいた方の作品のみを掲載させていただいております。
掲載前には、直接メールでご連絡しております。
何卒ご了承ください。

著作権について

このブログに掲載されている文章、及び画像の無断使用、無断転載、無断流用を固く禁止します。
※作品の転載に関しては、ご本人様のみ可能です。
転載等に関してご質問がございましたら、事務局までご一報下さい。

深大寺周辺地域紹介

深大寺地域観光マップ

Facebook始めました

最近のトラックバック